愛媛新聞ONLINE

2021
1017日()

新聞購読
新規登録
メニュー

アーカイブの閲覧は愛媛新聞データベースをご利用ください。

鉛色の海 松山沖YS11墜落事故50年

 1966年11月13日午後8時28分ごろ、大阪国際(伊丹)空港を飛び立った松山行きの全日空533便YS11機が、松山空港沖に墜落した。乗客45人と乗員5人の50人全員が犠牲となった県内最悪の航空事故から今日で50年。救難報告書などの資料を基に、現場となった冷たい鉛色の海での捜索状況を関係者の証言を交え、たどる。

  • 1

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。