愛媛新聞ONLINE

2021
1016日()

新聞購読
新規登録
メニュー

アーカイブの閲覧は愛媛新聞データベースをご利用ください。

[特集]愛媛国体あと1年

 愛媛の地にトップアスリートが集結―。2017年9月30日に松山市で総合開会式が行われる「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の開催まで1年となった。愛媛で国体が開催されるのは1953年の四国国体以来64年ぶりで、愛媛単独では初めてとなる国内最大のスポーツの祭典だ。
 国体は本大会と冬季大会があり、都道府県対抗で競技得点の合計を競う。男女総合成績1位は天皇杯、女子総合成績1位は皇后杯を獲得。地方のスポーツ振興、活性化の起爆剤としても期待されている。
 愛媛国体では、正式・特別競技だけで38競技あり、このうち36競技の会場が県内。大会の実施には3万人近くの来場を見込む総合開会式、延べ17万人とされる宿泊者への対応などクリアすべき課題は多い。
 1年前の節目に当たり、選手強化や準備の現状と課題を報告する。

  • 1

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。