ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

特集・連載は、読者会員用コンテンツです。

避難自治体の6年 福島第1原発周辺首長語る

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされた原発周辺自治体。原発が立地する福島県双葉郡では今春、浪江、富岡両町の一部で避難指示が解除される予定で、住民の帰還が可能となるのは計6町村となる。事故から6年近くが経過した被災地の現状はどうなっているのか。2月上旬、浪江、川内、葛尾の3町村長らが、現地を訪れた日本記者クラブの取材団に語った復興や古里への思いを紹介する。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。