愛媛新聞ONLINE

2021
1020日()

新聞購読
新規登録
メニュー

検証 愛媛20市町の防災備蓄

 災害はいつどこで起こるか分からない。発災後、最低3日間はしのげる体制づくりが必要とされ、家庭や地域での日ごろの備えが重要だ。自治体はそれらを補完する形で物資を備蓄することが義務付けられている。しかし、西日本豪雨から3年を機に、愛媛新聞が県内市町の取り組みを調べたところ、乳幼児や要介護者、女性に必要なおむつやミルク、生理用品の備蓄状況が市町によって大きく異なることが分かった。専門家や国は命や健康を守る必需品として一定程度の備蓄を求めており、今後の体制づくりが急がれる。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。