ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1218日()

ログイン
Myページ
MENU

2017えひめ国体・えひめ大会 発信!高校生記者~若い力で愛顔つなごう~

タイトルロゴ制作/松山南高校砥部分校デザイン科

 2017年秋に開催される「第72回国民体育大会【愛顔(えがお)つなぐえひめ国体】」「第17回全国障害者スポーツ大会【愛顔(えがお)つなぐえひめ大会】」に向けて愛媛県内21校から集まった高校生記者がそれぞれの地域から情報を発信します。

 各種競技や選手紹介のほか地域のおもてなしや支える人々の活動などえひめ国体・えひめ大会に関係するさまざまな話題を集めて取材。若い感性やパワーを生かして国内最大のスポーツの祭典を多面的に伝えます。
 皆さんの地域の高校生記者の活躍にご期待ください。

取材記事一覧記事一覧へ

活動ブログ一覧記事一覧へ

参加高校

活動の目的・概要

 昭和28年に四国4県で共同開催して以来、64年ぶり、初の単独開催となる「えひめ国体」は、高校生にとっても、地元で開催され、同年代の愛媛の高校生が多く出場する、「身近な全国大会」です。

 少年の部に出場する選手だけでなく、ボランティア、運営にも県内の高校生が多く参加しますが、その参加形態の一つとして、高校生記者を養成し、大会に向けた取り組みや競技の様子、裏舞台などの取材・発信・記録を担当してもらいます。

 「国体」と言えば、体育会系の生徒が中心となりますが、「文化系」の生徒にも参加意識を高めてもらうことも一つの目的です。

 高校生の視点から、取材・発信することで、次代を担う高校生にえひめ国体・えひめ大会への興味・関心を深め、地元への愛着を深めてもらうとともに、広く県民に取り組み状況や大会の様子を知ってもらい、スポーツ記録だけにとどまらない、よりきめ細やかな情報の提供、記録を残すことを目指しております。

 さらに、高校生記者には、愛媛新聞社の講師(記者経験者)が取材、写真撮影、記事の書き方などをレクチャーし、コミュニケーション能力や文章力、企画力の向上など、教育的効果を上げることも目指します。

愛媛新聞社と「愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会実行委員会」の連携企画です。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。