• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 八幡浜市長選 > 記事詳細
  • [PR]

八幡浜市長に大城氏 高橋氏を破り再選 185票差 投票率71・16% 2013年04月22日(月)

八幡浜市長選挙で再選を果たし、万歳する大城一郎さん(左)=21日午後10時半ごろ、八幡浜市昭和通の事務所(撮影・山本憲太郎)

 任期満了に伴う八幡浜市長選挙は21日、投開票され、現職の大城一郎氏(48)=無所属、若山=が1万1219票を獲得し、前衆院議員で新人の高橋英行氏(41)=同、裁判所通=を185票差で破り、再選を果たした。投票率は71・16%で2009年の前回に比べ3・86ポイント減少した。

 05年に旧八幡浜市と旧保内町が合併してから3回目の市長選で、前回に続き2回目の選挙戦となった。「40代対決」として選挙ムードは一定の高まりをみせたが、農林水産業振興などの経済政策に明確な違いが見られなかったこともあり、投票率は伸びなかった。
 大城氏は、自民党の地元選出国会議員や県議らの支持を受け、政権与党とのパイプや1期4年の実績を強調し、有権者の支持固めを図った。公約に、今月オープンした道の駅「八幡浜みなっと」を起爆剤とした地域振興や、過疎・高齢地域の交通確保対策、災害に強いまちづくりなどを掲げた。
 地元の建設業界団体やかまぼこ組合などからの推薦も受けた。
 高橋氏は、国会議員としての経験や人脈、若さを前面に出した選挙戦を展開。公約として、市民の声を直接聞く「移動市長室」の実施や、24時間体制の保育施設の検討など新機軸を打ち出し、市民への浸透を図った。前回、大城氏に再選を阻まれた父英吾氏(72)の雪辱も期し、現市政を批判して「八幡浜リニューアル」を訴えたが、現職の壁に屈した。
 選挙戦では、地元選出の県議や市議が両陣営にほぼ二分し、集票に奔走した。任期満了に伴う8月の市議選に影響を与えそうだ。
 当日有権者数は3万1581人(男1万4461人、女1万7120人)。投票総数は2万2473票で、有効2万2253票、無効220票。(小田良輔)

◆激しい選挙だった◆
 大城一郎氏の話 激しい選挙だった。何とか1次産業に力が湧くような施策を考え、加工品の開発やトップセールスをしたい。津波対策も順次できる施策を行い、自主防災組織の訓練にもしっかり取り組む。

【大城 一郎(おおしろ・いちろう)】
 岡山商科大卒。製材会社経営を経て、2000年八幡浜青年会議所理事長。03年から旧・新八幡浜市議を通算3期。09年4月、八幡浜市長初当選。48歳。若山。

【開票結果】

当選得票数氏名年齢所属政党/
新旧別
11,219票大城 一郎48無現
-11,034票高橋 英行41無新

(選管最終、無効220 票、投票率71.16 %、敬称略、年齢は投票日翌日現在)