• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 内子町長選 > 記事詳細
  • [PR]

内子町長選無投票再選 手堅いかじ取り 評価  地域格差には不満も 2013年01月23日(水)

 22日告示の内子町長選は、現職の稲本隆寿氏(61)以外に立候補がなく、無投票で2回目の当選が決まった。2008年の内山病院(内子町城廻)廃止後、最大課題だった病院誘致の実現をはじめ、05年合併時の「新町建設計画」でうたわれた市街地整備、龍王再開発、小田深山保全、コミュニティーバス運行など各種事業を手堅く進めたかじ取りを町民が認めた結果ともいえる。
 ただ、町内に町政批判が皆無というわけではない。3町合併後の活力低下が顕著な五十崎、小田両地区では、内子座の周辺整備や、役場部署の内子分庁移設などを例に「旧内子に偏っている」と地域格差を憂う声がある。
 旧内子も含めた商店街関係者は、大型スーパーの移転新装や過疎化による不振が深刻とし、農業に比べ商工業への支援が少ないと不満を抱いている。
 稲本氏は、商店街振興を「不十分だった」と率直に認め、2期目の重点施策に掲げる目配りをした。ほかにも町議会の強い求めに応じて12年度から、未就学児だけだった入通院費無料化を小学6年まで拡大するなど配慮を見せている。
 各方面の要望に柔軟に向き合う姿勢はますます求められるが、合併後10年を経て15年度から地方交付税の優遇措置が段階的に減少していくという難題にも対処せねばならない。
 稲本氏は町職員時代に主に産業畑を歩み町政各般に精通するが、宣伝イベントの偏重や職員の萎縮を懸念する声もある。施策展開や組織運営など、2期目はさまざまな面でバランス感覚が問われる。(秦俊太郎)

一覧≫