HOMEコラム|特集|連載 2013年 砥部町長選・町議選
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!

2013年 砥部町長選・町議選

砥部町長選 佐川氏先行 柳田氏は追い上げ図る 終盤情勢 2013年01月25日(金)

 任期満了に伴う砥部町長選挙は27日の投票まで残り2日となった。無所属新人の柳田穫氏(67)=高尾田=と佐川秀紀氏(62)=万年=の一騎打ちで、2012年9月に出馬表明し幅広い組織・団体から支援を受ける佐川氏を柳田氏が追う展開。両陣営とも票の上積みへ終盤の追い込みに入った。
 旧砥部町時代を含め通算3期10年務めた中村剛志町長(68)が今期限りでの引退を表明し、人口約2万2千人の町の新たなリーダーを決める選挙。柳田氏は09年2月まで副町長で、後任は佐川氏が務めており、ともに豊富な行政経験を有権者にアピールしている。
 柳田氏は、施策の決定過程や町公共下水道事業の見直しを強調。町民の1割以上を占める地元高尾田地区などを自転車で回り、各所で街頭演説を重ねて足で支持浸透を図る。出陣式で幹部は「2カ月前は相手の後ろ姿が見えなかったが、大きく見えるところまで来た」と手応えを語った。
 中村町政の継承を掲げる佐川氏は、複数の町議や地元選出県議、地元の農業・商業団体などから支持を受け、連合愛媛からも推薦を得た。旧砥部町の3小学校区全てから後援会役員を選び、組織を固める。「とにかく最後まで一生懸命頑張るだけだ」と陣営は引き締めを図っている。
 町長選と同時に行われる町議会議員選挙(定数16)には18人が立候補。新人5人がどこまで食い込むか注目が集まるが、昨年12月の衆院選から1カ月余りで「選挙疲れ」もあり、複数の町議選候補者から町長選を含め「盛り上がりに欠ける」「住民の関心も低調」との声が聞かれる。
 投票は両選挙とも27日午前7時〜午後8時に町内8カ所(広田地区など4カ所は投票終了1時間繰り上げ)で。午後9時から同町宮内の中央公民館で即日開票する。(中田佐知子、森田康裕)

   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。