• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 松山市長選 > 記事詳細
  • [PR]

松山市長 野志氏再選 次点滝本氏に大差 投票率48.36% 2014年11月17日(月)

松山市長選当確の報を受け、握手して喜びを分かち合う野志克仁さん(左)=16日午後9時ごろ、松山市一番町1丁目の報告会場

 任期満了に伴う松山市長選挙は16日投開票され、現職野志克仁氏(47)=無所属=が投票総数の約62%に当たる12万5334票を獲得し、元経済産業省九州経済産業局長の新人滝本徹氏(53)=無所属=と共産党中予地区委員長の新人田中克彦氏(47)=共産=を退け再選した。投票率は48・36%で、5新人が出馬し保守分裂選となった2010年の前回を5・60ポイント下回った。

 【野志克仁(のし・かつひと)】岡山大卒。90年南海放送入社。アナウンス室マネージャーなどを務めた。10年松山市長選で初当選。当選2回。47歳。松山市出身。安城寺町。

【松山市長選開票結果】

当選得票数氏名年齢所属政党/
新旧別
125,334票野志 克仁47無現
-65,959票滝本 徹53無新
-9,426票田中 克彦47共新

(選管最終、無効1,443票、投票率48.36%、敬称略、年齢は投票日翌日現在)

※この記事の全文は11月17日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。