• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 松山市長選 > 記事詳細
  • [PR]

野志氏優位 滝本氏追う 終盤情勢 田中氏支持固め 2014年11月14日(金)

 16日投票の松山市長選挙で、愛媛新聞社は13日、これまでの取材などから終盤情勢を探った。再選を目指す現職野志克仁氏(47)=無所属、安城寺町=が、中村時広知事をはじめとした政財界・各種団体の支援や高い知名度で告示後も優位を保ち、自民、公明両党松山支部連合会や塩崎恭久厚生労働相(衆院愛媛1区)が後押しする新人滝本徹氏(53)=同=が追い上げる展開。自公政権批判などで独自色を打ち出す新人田中克彦氏(47)=共産、太山寺町=は、共産党支持層以外からも集票を狙う。

※この記事の全文は11月14日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。