• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 松山市長選 > 記事詳細
  • [PR]

松山市長選きょう9日告示 3人立候補へ 16日に投開票 2014年11月09日(日)

【左】野志克仁氏
【中央】滝本徹氏
【右】田中克彦氏

 任期満了に伴う松山市長選挙が9日告示される。2期目を目指す現職野志克仁氏(47)=無所属、安城寺町=と、元経済産業省九州経済産業局長の新人滝本徹氏(53)=同、共産党中予地区委員長の新人田中克彦氏(47)=共産、太山寺町=の3人が立候補を届け出て、知事選と同じ16日の投票に向けて7日間の選挙戦に突入する見通しだ。

 2005年に松山市と北条市、中島町が合併後の市長選は3回目。人口51万人の県都で中村時広前市長(現知事)の後継の立場で4年前に初当選した野志氏が引き続きかじ取り役を担うのか、塩崎恭久厚生労働相らが支援する滝本氏や、革新の田中氏が新たな市政を打ち立てるのかが焦点。
 9日の告示日は、野志氏が午前9時、滝本氏は同11時から、湊町5丁目の伊予鉄道松山市駅前で出陣式に臨み、田中氏は同9時から立花1丁目の共産党県委員会事務所でスタート集会を行い、支持者に後押しを呼び掛ける。

※この記事の全文は11月9日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。