• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

【丹原】 (第4シード) 投打の柱それぞれ健在 2013年07月11日(木)

 投打それぞれに柱がおり、昨秋、今春の県大会でベスト4に入った。13年ぶりの甲子園出場を目指す。
 打撃は思い切りのよいスイングが持ち味。ロングヒッターの4番越智達は勝負強さが増した。長打が期待できる5番大西の活躍が鍵を握る。シュアな打撃の奥平、俊足の目見田らも、下位から得点を狙う。
 エース左腕の小笠原は、冬の走り込みでスタミナ、球のキレなどが増した。リリーフは、緩急をつけて打たせて取る余吾らがいる。ガッツのある捕手宇野が投手陣をもり立て、二遊間は守矢、槙の2年生が務める。中堅の主将川又が、声とプレーでチームを引っ張る。


メンバーは予定。○印は主将、洋数字は学年

ページトップへ戻る

一覧を見る

母校・出場校を応援するメッセージを募集中。ハッシュタグ 「#高校野球愛媛」を付けてツイートしてください!

インターネット写真特集よくある質問 Q&A