• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

【松山南】小技絡め攻撃に確実性 2013年07月05日(金)

 2年生中心のチームながら昨秋、今春ともに県大会に進んだ。経験を積んだ3年生の門田響がエース、主将として引っ張り、まずは初戦突破に照準を合わせる。
 粘り強い守りで好機をうかがう。右上手投げの門田響は、球質の重さが持ち味。変化球を織り交ぜリズムよく投げる。強肩の捕手太宰がエースの踏ん張りを支える。米沢、青木の二遊間は球際に強く、守備センスも光る。外野も中堅松本を中心に堅実。カバーリングも確実にしてミスを最小限に食い止める。
 打順は流動的だがバントや走塁を駆使するなど、小技を絡めた確実性の高い攻撃を目指す。


メンバーは予定。○印は主将、洋数字は学年

ページトップへ戻る

一覧を見る

母校・出場校を応援するメッセージを募集中。ハッシュタグ 「#高校野球愛媛」を付けてツイートしてください!

インターネット写真特集よくある質問 Q&A