• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]宇和島東B 物おじせず勝利狙う 2014年08月14日(木)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 経験豊富なAチームのサポートを受けつつ力を磨いたメンバー。「ディベートは少し怖いイメージがあったけど、いざ出場すると楽しくて…。もっと話したくなった」と頼もしい主将山本君。松山大会ではそれぞれが発言できたが、言葉で押された部分を改善したいと闘志を燃やす。
 話のかじを取るムードメーカーの丸田君は、チームの流れをつくる役割。披講する武内さんは「もっと句の良さを伝えられるように」と意気込む。両チームの総長を務める二宮彩葉さんは物静かな「縁の下の力持ち」。姉に憧れて入部した妹・麻佑花さんは、1回でも多く発言するのが目標だ。
 「まずは試合を楽しむこと。でも松山大会で負けたチームに全国では勝つ。Aチームにだって絶対負けたくない!」。初心者中心の物おじしないフレッシュさで勝利を狙う。

◎山本莉己(3年)、二宮彩葉(3年)、武内聖佑(2年)、丸田洋渡(1年)、二宮麻佑花(1年)
(メンバー表の◎は主将)

※この記事の全文は8月14日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A