• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]宇和島東A 気負いなく「楽しむ」 2014年08月14日(木)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 2、3年生全員が全国大会経験者。安定した力で12年連続の出場を決めたが、一番の目標は「楽しむこと!」と気負いがない。
 話しだすと止まらない仲良しチーム。「声がでかい」と総ツッコミを受ける宮下さんが、序盤から攻める切り込み役。兵頭さんは語り掛けるようなディベートが持ち味。声も滑舌もいい「披講のプロ」芝田さんは、守り担当。黒一点の脇坂君は想像力豊かな「ロマンティッ句」が得意とか。唯一の1年大根さんはいつもニコニコ、みんなを見守る「癒やし」キャラだ。
 「すぐに脱線する個性派メンバー」に、「会場の空気にのまれないように」と手綱を締める岡村さん。気負いはないが、それぞれ俳句への思いは熱い。「他校との出会いや交流も楽しみたい。まずは一つ一つの試合を大切に練習の成果を出していきます」

◎岡村優子(3年)、脇坂拓海(3年)、兵頭輝(2年)、宮下優祈子(2年)、芝田早希(2年)、◇大根怜香(1年)
(メンバー表の◎は主将、◇は補助員)

※この記事の全文は8月14日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A