• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]松山東A 2年ぶり頂点へ気合 2014年08月14日(木)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 松山大会では思わぬ予選敗退を喫したが、投句審査で通過。「むしろ気合が入った」と2年ぶりの頂点を目指し意気軒高だ。
 2012年、松山東が11年ぶりに優勝した当時、1年だったメンバーは決勝戦を観客席から見守った。先輩たちの姿に「結果以上に、ディベートに感動した」「あの舞台に立ちたい」と、優勝への思いを強くしたという。
 全国大会の兼題句は「自分たちの句を愛さないと伝わらない」と、締め切りぎりぎりまで粘った。松山大会でのディベートを「相手のほうが審査員や観客に訴えかけていた」と分析。相手の句をより深く読み込もうと、お盆休み返上で終日練習に取り組む。指導する森川大和教諭も「本番までに、別人になりますよ」と期待する。
 主将の西山君は「(準決勝・決勝がある)2日目の舞台で、見ている人を感動させたい」と力を込めた。

◎西山琳(3年)、栗田歩(3年)、下岡和也(3年)、森優希乃(3年)、石丸響子(2年)、◇高畠慎太朗(1年)、◇鷲野天音(1年)
(メンバー表の◎は主将、◇は補助員)

※この記事の全文は8月14日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A