• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]伯方 主将 圧倒的な存在感 2014年08月13日(水)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 松山大会で優勝し今年も全国大会への出場を決めた常連校。「文法などもっと知識も深めたい。俳句部の活動日を増やしてほしい」と2月、主将自ら申し出た。意欲が結果に結びつき、パワーアップしている。
 「先輩がおらん状況を想像できん」と慕われる福岡さんが圧倒的な存在感で引っ張る。みんなが思い付かない視点を持つ藤岡さん、ムードメーカー村上さん、迷っているときに説得力のある発言をする重松さん。そして唯一の男子でおっとり系の阿部君。指導する俳人白石司子さんは「句会の進行もほとんど任せて、自主性を尊重している」とメンバーに信頼を寄せている。
 「俳句甲子園に出たい」が伯方高に進学した大きな理由だった福岡さん。最後の大会に「好きな句でいっぱい伝えられることがある」と、大好きな仲間と一丸となって挑む。

◎福岡日向子(3年)、阿部慶太(2年)、重松英里南(2年)、藤岡磨美(2年)、村上明由(2年)、◇山岡早紀(3年)
(メンバー表の◎は主将、◇は補助員)

※この記事の全文は8月13日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A