• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]松山西B バランスのよさ 長所 2014年08月13日(水)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 松山大会の決勝は大接戦の末、旗1本の差で涙をのんだ。「(投句審査で)絶対行けると思っていた」と負けん気をのぞかせる。
 句作のセンスとディベートの応用力を持つ「バランスのよさ」を長所に挙げる。投句審査で全国大会出場を決めた後、早めに兼題句を決定し、ディベートの中身も早々と詰め、「自信あり」と胸を張る。中矢さんは「自分たちの句で突っ走りたい」と気合十分だ。
 チームは全学年で構成。「優勝を目指す」「次につながる大会にしたい」と目標はそれぞれだが、「この5人で出る最後の大会」と団結心も忘れない。
 松山大会で「梅干して誰かの帰る場所になる」が会場最優秀句に選ばれた山本さんは「甲子園はいい句があっても、勝たないと披露できない。自分たちの句を知ってほしい」と勝利への気持ちを口にした。

◎中矢真奈(6年)、二宮帝(6年)、近見晴海(5年)、山本礼菜(5年)、輪違典子(4年)
(メンバー表の◎は主将)

※この記事の全文は8月13日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A