• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[第17回俳句甲子園 県勢チーム]松山西A 反省胸に完全燃焼へ 2014年08月13日(水)

 高校生が17音の熱い戦いを繰り広げる「第17回俳句甲子園全国大会」が23、24の両日、松山市で開かれる。県勢5校8チームを紹介する。

 中高一貫校で、複数チームでの全国の舞台は初。昨年全国大会を経験した5年(高2)4人が顔をそろえる。「全員がムードメーカー」という明るいチームをまとめるのは唯一6年の藤崎さん。「完全燃焼したい」と意気込む。
 松山大会では順調に決勝へ進んだものの、「相手に押されまくってペースにのまれ」、2連敗し、全国大会の出場切符を逃した。投句審査で出場が決まり、「チャンスをもらった。リベンジできる」(藤崎さん)と再び闘志を燃やしている。
 後輩4人も雪辱を期す気持ちは同じ。昨年の全国大会では予選敗退。「消化不良で、どうしても泣けなかった」(菊池君)と悔しさが募った。現在は松山大会の反省を胸に、鑑賞力を高めようとディベート練習に励む。
 大瀬戸さんも「今年は先輩と臨む最後の大会。一つでも勝ちたい」と力を込めた。

◎藤崎佳乃(6年)、大瀬戸絢子(5年)、菊池海成(5年)、河野佑芽(5年)、善家天平(5年)
(メンバー表の◎は主将)

※この記事の全文は8月13日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには記事データベース検索サービスもご利用ください。

ページトップへ戻る

一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A