• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

[衆院選・一口メモ](6)期日前投票 2014年12月06日(土)

 投票日に有権者が投票所に行って投票するのが原則だが、当日、一定の事由で投票所に行けない見込みの人は、あらかじめ期日前投票ができる。
 例えば、仕事や親族の冠婚葬祭がある人、レジャーや買い物で投票区域外に出る人など。
 期日前投票は、公示翌日(3日)から選挙期日の前日(13日)までの間、平日はもちろん土日でも、原則午前8時半から午後8時まで、市町の選挙管理委員会が指定する期日前投票所でできる。最高裁判所裁判官の国民審査は7〜13日。
 期日前投票は有権者本人が投票用紙を直接、投票箱に投票することができる制度。

※この記事の全文は12月6日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。