• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 愛媛新聞ピックアップ > 愛媛新聞創刊140周年
  • [PR]

愛媛新聞ピックアップ

愛媛新聞創刊140周年 2016年09月11日(日)

愛媛に貢献 今もこれからも

 愛媛新聞は本日、創刊140年を迎えました。明治維新以降、全国各地で数多くの新聞が産声を上げる中、1876(明治9)年の弊紙創刊以来、「海南新聞」などに題字を変更しながらも紙齢(号数)を重ねることができました。ひとえに、愛媛県民の皆さま、読者の皆さまのご支援、ご協力のたまものと厚くお礼を申し上げます。

 戦後の愛媛新聞社は、戦時体制下の言論統制があったとはいえ、華々しい戦果を中心に紙面を作り戦意高揚を促してしまったことへの反省の上に新聞発行を続けてまいりました。現在の弊社の社是は「公器たる新聞の発行を主体に、総合情報センターとして地域社会に寄与する」となっています。愛媛新聞社の基盤は愛媛県であり、例えば少子高齢化や人口減少をはじめとする地域が抱える課題と真摯(しんし)に向き合い、取材や報道に加え、解決に向かう方策を提言するなど「当事者として地域に貢献する新聞社」を目指していきたいと考えています。

 インターネット時代の到来でメディアは多様化し、会員制交流サイト(SNS)をはじめとする情報ツールの普及とともに個々人の情報発信力が格段に向上、また種々の新立法に伴う報道規制の懸念が指摘されるなど、従来型メディアの危機が叫ばれています。しかし、私たちはいかなる状況に置かれようと「不偏不党の立場で言論の自由を守り、真実の報道に徹する」姿勢を貫く所存です。

 愛媛新聞社はこれからも、新聞発行以外の情報発信手段も活用しながら、「地域密着」「正確さ」「健全な批判精神」を基本に、県民・読者の皆さまに情報をお届けしてまいります。日本社会や世界情勢の変化を伝えるのみならず、郷土愛媛のありようを県民の皆さまとともに考えるところに愛媛新聞のジャーナリズムがあります。

 弊社がお届けする紙面や各種メディアによる情報発信、暮らしに役立つ広告やイベント事業など、諸活動へのご支援を、今後ともよろしくお願い申し上げます。

愛媛新聞社 代表取締役社長 土居英雄



愛媛新聞ピックアップ

>> 一覧を見る

インターネット写真特集よくある質問 Q&A