HOMEえひめ高校野球2013春季 愛媛県大会愛媛県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!
えひめ高校野球 > 2013春季 愛媛県大会 > 愛媛県大会 試合結果 > 記事

最終日【松山聖陵 1-4 今治西】今治西 7年ぶり頂点 松山聖陵に4―1 着実加点 押し切る 2013年04月03日(水)

【坊っちゃんスタジアム】
▽決勝(9時54分)
松山聖陵
今治西×

▽三塁打 田頭
▽二塁打 国吉、神野
▽犠打 松2(渡部2)今5(若狭、桧垣2、石垣、杉野)
▽盗塁 松0、今0
▽失策 松1(嘉陽)今4(桧垣、田頭2、若狭)
▽捕逸 片岡
▽球審 西川
▽塁審 細川、小林、石川
▽試合時間 2時間1分

【松山聖陵―今治西】1回裏今治西1死一、三塁、桧垣が先制のスクイズを成功させる=坊っちゃんスタジアム(撮影・増田有梨)
 【評】今治西は先頭打者を手堅く得点につなげて着実に加点。松山聖陵を押し切った。
 初回、1番田頭の中前打に適失を絡めて1死一、三塁とし、桧垣のスクイズで先制。越智の左前打などで計2点を挙げた。三回は若狭、四回は神野が先頭で出塁。犠飛や長打で得点を重ね、リードを4点に広げた。投げては先発石垣が被安打4で完投した。
 松山聖陵は一、三、五、七回と無死から出塁したが、得点は七回の敵失を絡めた1点止まり。五回は2死満塁の反撃機をつくったが後続を断たれた。

◆打撃 徐々に成果◆
 今治西・大野康哉監督の話 (選抜大会に出られず)愛媛に残っている悔しさをバネに、成果をよく出してくれた。冬場に取り組んだ打撃などは、徐々に成果が出ている。四国大会は、夏を意識した戦い方で、ライバル校に挑みたい。

◆攻めの姿勢忘れず◆
 今治西・石垣投手(連日の登板も自責点0で完投)「攻めていく気持ちだけは忘れないようマウンドに立った。雨の中だったが、バックのみんなが積極的にボールをさばいてくれて心強かった。四国大会でもいい投球を目指す」

◆流れ来たと感じた◆
 今治西・田頭遊撃手(先制のホームを踏むなど2安打の活躍)「決勝は接戦になると思っていたので、積極的にいくつもりだった。先取点を取ることができ、こちらに流れが来たと感じた。次の試合も役割を果たしたい」

◆しっかり足運んだ◆
 今治西・若狭三塁手(安定した守備で、優勝に貢献)「雨で徐々にグラウンドが重くなってきたので、しっかり足を運んで守った。ミスもあったのでしっかり練習に励んで、次も勝利に貢献したい」

◆課題見えてきた◆
 松山聖陵・荷川取秀明監督の話 3点目を簡単に取られ、主導権を握られたのが悔やまれる。相手ピッチャーを楽に投げさせてしまった。この試合で課題が見えてきた。夏に頂点を取りにいけるよう頑張りたい。

◆全部振るつもりで◆
 松山聖陵・国吉中堅手(初回、先頭打者で初球を中越え二塁打)「流れをつくろうと、ストライクが来たら全部振るつもりで打席に立った。夏も1番打者として活躍できるよう積極的なバッティングを心がけたい」

→松山聖陵×今治西戦の写真特集はこちら
ページトップへ戻る
   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。