HOMEえひめ高校野球2013春季 愛媛県大会愛媛県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!
えひめ高校野球 > 2013春季 愛媛県大会 > 愛媛県大会 試合結果 > 記事

第2日【宇和島南 0-7 松山聖陵】松山聖陵が快勝 宇和島南 決定打出ず 2013年03月31日(日)

【坊っちゃんスタジアム】
▽準々決勝(12時27分)
宇和島南
松山聖陵

(七回コールドゲーム)
▽三塁打 福島
▽二塁打 山城
▽犠打 宇1(広田)松2(中野、国吉)
▽盗塁 宇1(山下重)松3(山城、石丸2)
▽失策 宇3(山下雄2、山村昌)松0
▽暴投 内山
▽球審 小林
▽塁審 上田、早川、山下
▽試合時間 1時間32分

 【評】松山聖陵は効果的に得点し、突き放した。二回、近藤の適時打で1点先制すると、四回は長短4安打などで4点を追加。六回は連続バントヒットや犠飛などで2点を加え、3投手が無失点でつないだ。
 宇和島南は積極的に打ちにいき三回、福島の三塁打でチャンスをつくったが、決定打が出なかった。

◆初登板でドキドキ◆
 松山聖陵・石川投手(先発した2年右腕。5回無失点の好投)「公式戦初登板が先発となりドキドキしたが、初回を抑えて落ち着いた。余計な四球もあったが、バックがしっかり守ってくれた。この投球を自信にしたい」

◆先発助けたかった◆
 松山聖陵・山城左翼手(1番打者として、2安打2打点の活躍)「普段の3番と違い戸惑いはあった。とにかく出塁して得点に絡み、先発投手の石川を助けたかった。次も気持ちを前に出して、チームに勢いをつけたい」

◆動きが硬くなった◆
 宇和島南・山下重主将(準々決勝で敗れ)「先制点を取って波に乗りたかったが、相手に取られて動きが硬くなった。四国大会に出場したチームとも戦い勉強になった。しっかり振り込んで、夏はさらに上を目指す」

→宇和島南×松山聖陵戦の写真特集はこちら
ページトップへ戻る
   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。