HOMEえひめ高校野球2013春季 愛媛県大会愛媛県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!
えひめ高校野球 > 2013春季 愛媛県大会 > 愛媛県大会 試合結果 > 記事

第2日【北条 0-7 川之江】川之江 確実に加点 北条2安打 打線沈黙 2013年03月31日(日)

【西条球場】
▽準々決勝(9時56分)
北 条
川之江

(七回コールドゲーム)
▽三塁打 土肥
▽二塁打 大西達
▽犠打 北0、川1(久保)
▽盗塁 北0、川3(久保、石田、尾崎)
▽失策 北2(鵜籠、吉倉)川0
▽暴投 戒能
▽球審 亀田
▽塁審 中野、山崎、坂田
▽試合時間 1時間26分

【評】好機で確実に加点した川之江が七回コールド勝ちした。
 初回、1死一、二塁から大西達の中前打と高原の内野安打で2点を先制。四回にも2点を追加した。先発右腕土肥は8奪三振と好投。六回は自身の三塁打を皮切りに3点を奪い、点差を広げた。
 北条は2安打と打線が沈黙。好投手を前に1点が遠かった。

◆自分の役割果たす◆
 川之江・尾崎左翼手(スタメン起用に応え2安打1打点)「予選で打てなかった分結果を残さないとと思い、次につなぐ自分らしいバッティングを心がけた。次の試合も自分の役割を果たし、チームの勝利に貢献したい」

◆いい勝ち方できた◆
 川之江・土肥投手(好投を見せ、三塁打も放つ)「納得のいく投球。調子の良いスライダーを主体に相手を打ち取ることができた。(三塁打は)フライかと思ったが、意外と伸びてくれた。いい勝ち方ができた」

◆凡打多かった◆
 北条・玉乃井主将(コールド負けを喫し)「準々決勝まで来られたのは良かったが、負けて悔しい。相手投手の低めの球を振ってしまい、凡打や三振が多かった。夏に向け反省点を意識して練習に取り組みたい」

→北条×川之江戦の写真特集はこちら
ページトップへ戻る
   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。