HOMEえひめ高校野球2013春季 愛媛県大会愛媛県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!
えひめ高校野球 > 2013春季 愛媛県大会 > 愛媛県大会 試合結果 > 記事

第2日【松山東 0-2 丹原】丹原 完封で逃げ切る 松山東 満塁生かせず 2013年03月31日(日)

【坊っちゃんスタジアム】
▽準々決勝(9時58分)
松山東
丹 原

▽二塁打 大西
▽犠打 松1(嘉喜山)丹4(川又、奥平2、山内)
▽盗塁 松1(片山)丹2(守矢、小笠原)
▽失策 松1(嘉喜山)丹0
▽暴投 宮岡2
▽捕逸 山内
▽球審 西川
▽塁審 大西、実藤、柳野
▽試合時間 1時間59分

【松山東―丹原】被安打4で完封した丹原・小笠原=坊っちゃんスタジアム(撮影・亀井咲希)
 【評】序盤に優位に立った丹原が逃げ切った。二回、守矢、槙の連打などで先制すると、五回無死一、三塁から川又がスクイズを決めた。先発小笠原はテンポ良く低めに集めて長打を許さず4安打で完封した。
 松山東は七回、右翼片山の好返球で3点目を阻止するなど意地を見せた。六回に2死満塁と攻めたが、一本が出なかった。

◆決める気でバント◆
 丹原・川又主将(スクイズで貴重な追加点)「バントは毎日練習していたので、決める気でいた。もっと点を取るつもりでいたので、2得点だったのはいまひとつ。次は秋季大会で敗れた松山聖陵が相手なので、気合を入れて臨む」

◆リズムつくれず◆
 松山東・乗松凌主将(相手エースを打ち崩せず)「対策は練ってきたが、予想以上に直球や変化球にキレがあった。失策などもあり、守りでリズムがつくれなかった。敗戦を生かしてレベルアップしていきたい」

→松山東×丹原戦の写真特集はこちら
ページトップへ戻る
   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。