HOMEえひめ高校野球2013春季 愛媛県大会愛媛県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!
えひめ高校野球 > 2013春季 愛媛県大会 > 愛媛県大会 試合結果 > 記事

第1日【川之江 4-3 松山南】川之江 劇的サヨナラ 延長11回 松山南力尽く 2013年03月30日(土)

【西条球場】
▽1回戦(11時33分)
十一
松山南
川之江1X

(延長十一回)
▽本塁打 毛利
▽三塁打 大西悠
▽二塁打 則友、毛利、久保
▽犠打 松3(岡本、門田響、則友)川2(久保、土肥)
▽盗塁 松5(水口2、米沢2、青木)川1(石田)
▽失策 松3(青木2、米沢)川0
▽暴投 大西純
▽球審 長岡
▽塁審 野中、渡部、杉長
▽試合時間 2時間20分

 【評】終盤に劣勢をはね返した川之江がサヨナラ勝ちした。
 2―3で迎えた九回、この回先頭の毛利が大会第1号ホームランを放ち同点。十一回には久保の二塁打からの3連打で1死満塁とし、大西達の右前打で熱戦に終止符を打った。
 松山南は序盤、安打に機動力を絡めて3点リード。しかし後半は走塁のミスが響き、追加点を奪えなかった。


◆4安打 練習の成果◆
 川之江・大西達左翼手(4安打の活躍)「今日はタイミングがよく合っていたし、逆方向を意識した打撃練習の成果が出たと思う。サヨナラ打は外角の真っすぐを打った。優勝を目指し、一戦必勝で戦っていく」

◆走塁ミス多かった◆
 松山南・門田主将(先発唯一の3年生)「強豪校と接戦に持ち込めたのは良かったが、走塁ミスが多かった。投球は低めに集められたが、ホームランを打たれるなど詰めが甘かった。夏までに機動力と打撃を高めたい」

→川之江×松山南戦の写真特集はこちら
ページトップへ戻る
   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。