• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

第11日【八幡浜 0-1 川之江】川之江 投手戦制す 八幡浜 序盤逸機で涙 2013年07月25日(木)

【八幡浜―川之江】7回裏川之江2死一、三塁、毛利が左前へ決勝の適時打を放つ=坊っちゃんスタジアム

【坊っちゃんスタジアム】
▽準々決勝(7月24日12時38分)

八幡浜
川之江×


▽犠打 八0、川1(大西純)
▽盗塁 八1(道津)川0
▽失策 八1(菊池)川1(星川)
▽暴投 大西純
▽守備妨害 土肥(菊池)
▽球審 岡田
▽塁審 早川、上田高、室野
▽試合時間 1時間55分

 【評】川之江が終盤のチャンスを生かし投手戦を制した。0―0の七回、1死から大西達、高原の連打で一、三塁の好機をつくると2死後、毛利の左前打で大西達が生還。投げては大西純、土肥の両右腕が計16三振を奪う力投で、1点のリードを守った。
 八幡浜は二回、松本の単打と敵失で1死二、三塁としたが無得点となるなど、序盤のチャンスを逃した。先発水口がコースを広く使い六回まで2安打に抑えたが、七回の失点が響いた。

ページトップへ戻る

一覧を見る

母校・出場校を応援するメッセージを募集中。ハッシュタグ 「#高校野球愛媛」を付けてツイートしてください!

インターネット写真特集よくある質問 Q&A