• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > えひめ知事選 > 記事詳細
  • [PR]

知事・松山市長 同時選あす16日投票 2014年11月15日(土)

(左から届け出順)
【左】中村時広氏
【右】小路貴之氏

 任期満了に伴う知事選と松山市長選の同時選は16日、投開票される。知事選には無所属現職の中村時広氏(54)=自民、民主、みんなの党推薦=と、無所属新人で共産党県委員会副委員長の小路貴之氏(71)=共産推薦=が立候補。市長選は、無所属新人で元経済産業省九州経済産業局長の滝本徹氏(53)▽共産新人で党中予地区委員長の田中克彦氏(47)▽無所属現職の野志克仁氏(47)―の3人がしのぎを削っている。

【県政 継続か刷新か】
 知事選で中村、小路両氏の陣営は選挙運動期間最終日の15日も、県政の継続か刷新かの選択を訴える。
 再選を目指す中村氏は、加戸守行前知事による県政改革の発展的継承とともに、独自に取り組んだ県産品の販路拡大や観光振興など4年間の実績を強調。防災・減災強化や少子化対策を新たな公約の柱としている。
 自民県連をはじめ県市長会や町村会、各種業界や連合愛媛など約170団体から幅広く推薦を受け「オール愛媛」を掲げている。
 一方、小路氏は東京電力福島第1原発事故を踏まえ四国電力伊方原発は危険と指摘し、即時廃炉を主張。西条市と松山市に異論がある県営黒瀬ダムからの「分水」中止など、中村県政の転換を対立軸にする。消費税増税など自公政権への批判票の獲得も狙う。
 共産や、愛媛労連などで構成する「明るい愛媛をつくるみんなの会」や、反原発団体などの推薦を受ける。
 15日は両陣営とも、街頭活動できる午後8時まで、最大票田の県都・松山市の商店街などで「最後のお願い」を繰り広げる予定。
 前回2010年の知事選は中村氏ら3新人が出馬し、投票率は49・17%。ただ現職の加戸氏と2新人という構図の07年は過去最低の43・12%だった。
 今回は10年と同様、松山市長選(16日投開票)との同時選となったが、知事選は10月30日の告示以降、県民の関心は低調ムードのまま推移している。
 松山地方気象台によると、16日の県内は晴れのち曇り。高気圧が東に移動し、午後から天気が崩れる恐れがある。降水確率30%。最高気温16度、最低気温7度で、ともに平年より2度前後低い。
 16日の投票は原則午前7時〜午後8時、732カ所の投票所で。

【県民の意思表明を】
【県選挙管理委員会の西蔭健委員長の話】知事選は毎日の生活と深く関わりのある県政に対し、県民の意思を直接、表明する大切な機会。有権者としてぜひ投票に参加するよう期待する。16日は誘い合わせて、そろって投票し、真に県政を託すにふさわしい代表者を選ぶよう希望する。

※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。

※この記事の全文は11月15日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。

一覧≫