ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
920日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

読者の写真 2013年 年間賞

年間賞決定 最優秀に芝崎さん
 第6回「読者の写真2013・年間賞」の審査をこのほど行い、今年の1席12点から決める最優秀賞には松山市上野町、芝崎静雄さん(65)の「煌(きら)めきの朝」(7月分1席)を選んだ。
 1年間を通じて活躍した個人を対象とする優秀賞は、年間賞候補点数が芝崎さんと並びトップで、各月の入賞数も多かった宇和島市、白石信夫さん(64)に決定した。
 今年新設した努力賞には、入賞はなかったものの1年間継続的に応募し、予選通過の力作が多かった上位3人として▽城戸寿夫(36)=松山市▽中島慶和(42)=宇和島市▽石田本清(84)=新居浜市―の皆さんを選んだ。
 受賞者には、賞状と受賞作品を入れた額を授与。副賞は最優秀賞2万円、優秀賞1万円、努力賞5千円。
 各月1、2席と年間賞候補、努力賞の予選通過作品9点の計約70点を、14年1月7~18日、松山市大手町1丁目の愛媛新聞社1階ロビーで展示する。平日は午前9時~午後5時、土曜は午前10時~午後4時半、日曜祝日休み。来場は公共交通機関で。入場無料。
 ◇過去の入賞作品は愛媛新聞ONLINEの「アクリートくらぶ」会員専用サイトで閲覧できます。
(映像報道部副部長・村上健二)

  • *写真転用は厳禁です

最優秀賞

最優秀賞「煌めきの朝」芝崎静雄 松山市

「煌めきの朝」

芝崎静雄 松山市

 今年も多くの応募があり、年間総数は4191点でした。昨年の4215点をわずかに下回ったものの、4千点超はこの2年だけです。6月には485点もの応募があり、月間最多記録を塗り替えています。
 入賞の競争率が高い中、安定した実力を発揮し、ひときわ目を引く作品で頂点に輝いたのが芝崎静雄さんの「煌めきの朝」(7月)でした。西条市丹原町の高知八幡神社を訪れ、素晴らしい光景に出合えて感動したというシーンです。傑作を写し取るには、まず撮影者が感動を見つけることが大切なようですね。芝崎さんは今年、1席1回、2席1回、3席3回、佳作3回と活躍しました。

瞬間の出合い求めて

 最優秀賞を受賞した芝崎さんに、写真の魅力などを聞いた。

受賞の感想を。

 たくさんの応募作品の中から、自分の写真が選ばれたことを光栄に思います。

受賞作撮影時の状況は。

 たまたま薄い朝霧がかかり、そのきらびやかな光をどう捉えるかを瞬間的に考えただけです。初めての撮影地で、素晴らしい光景に出合えました。

写真を始めたきっかけは。

 大阪に単身赴任していた49歳の時、奈良や京都の寺社巡りなどを楽しんでいました。せっかく見た景色を記念に残したいと思い、以前から興味のあったカメラを購入したのが始まりです。仕事が終わると夜間のカルチャースクールに通いました。

初めて「読者の写真」に応募したのは。

 2010年11月で、伊予市中山町のソバ畑と彼岸花の写真が佳作になりました。

その他コンテストには出しているか。

 県展に7年前から毎年応募していますが、大きな賞はありません。

撮影に行く仲間は。

 基本的に一人ですが、現地で写友と一緒になることがよくあります。

撮影での苦労は。

 勤めをしているので、ほとんど週末しか撮影に行けないし、早朝撮影は苦手です。季節の花などは、週末には早かったり遅かったりと、満開時期を逃すことが多々あります。

どんなカメラを使っているか。

 以前はキヤノンのフィルムカメラでした。現在はデジタルカメラの「5D MarkⅡ」などです。長時間露光の時には、今でもフィルム機を併用します。

写真の魅力とは。

 趣味として10年先の自分を考えた場合、写真は転勤しても続けることができます。被写体では、全く同じ情景に出合うことはなく、その瞬間をカメラに収めることができるところが魅力です。

「読者の写真」への意見や感想は。

 見開きで大きく紹介してくれるのがいいですね。楽しみにしている人は多いから、これからも続けてほしい。

今後の目標を。

 しばらくは勤めをしながらの週末写真愛好家を続けます。その集積として、皆さんに見ていただけるチャンスをつくり、個展の開催や写真集の作成を目指したいです。この賞を励みに「瞬間の出合い」を求め、これからも撮り続けていきたいと思います。

優秀賞

優秀賞「食べおさめ」白石信夫 宇和島市

「食べおさめ」

白石信夫 宇和島市

 昨年まで4点だった優秀賞は、年間賞候補点数や入賞の多かった白石信夫さんに贈ります。卓越した技術力と豊富に繰り出されるアイデアには、いつも驚かされます。中でも「食べおさめ」(10月の年間賞候補)は、大きく写し込んだスイカで画角に無駄がなく、迫力もあり白石さんらしいユーモラスな表現ですね。すっかりチャボと仲良しになっている距離感やアングル、ポーズもよく、色彩も豊かです。来年も楽しませてください。

努力賞

努力賞「はじめまして」城戸寿夫 松山市

「はじめまして」

城戸寿夫 松山市

 コツメカワウソの赤ちゃんを表情やポーズよく捉えています。城戸寿夫さんは、昨年12月に夫婦で初めて応募し、そろって奨励賞を受賞しました。動物好きで、各地の動物園に出掛けているそうです。予選通過は計7点。
努力賞「街を覆う霧、立ち上る銀河」中島慶和 宇和島市

「街を覆う霧、立ち上る銀河」

中島慶和 宇和島市

 大洲の市街地と天の川をうまくコラボレートさせた力作です。中島慶和さんからは他にも夜空を狙った作品が届いていました。季節の花狙いなども秀作が幾つかありました。予選通過は計5点。
努力賞「お見事!」石田本清 新居浜市

「お見事!」

石田本清 新居浜市

 蹴り足の伸びきったポーズが力強く決まっています。左の男性の顔に砂が飛び散り、強く目を閉じているのも面白いですね。石田本清さんは、学生時代から60年以上写真を続けている大ベテランです。予選通過は計4点。
  • *優秀賞・努力賞は受賞者の代表作を掲載しています。

バックナンバー(読者会員限定)

月間賞のバックナンバーは読者会員限定です。ログインはこちら。

年間賞

応募のしおり

題材・規定
自由、未発表(二重投稿お断り)で、半年以内に撮影の作品。
大きさはL判(一般プリントサイズ)以上四つ切り程度まで。組み写真も可。
作品裏面に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、題名、撮影年月日、場所、撮影時の状況を簡単に書いたメモを添付。応募作品は返却しません。
締め切り
毎月25日
送り先
〒790-8511 松山市大手町1丁目 愛媛新聞社編集局「読者の写真」係
審査・発表
愛媛新聞社編集局で審査、翌月の本紙と愛媛新聞ホームページ
一席:1点 2万円、二席:2点 1万円、三席:3点 5000円、佳作:5点 図書カード、奨励賞:数点 図書カード

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。