ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

読者の写真 2019年12月

<上位作品 映り込み捉え>
 今回は紅葉を被写体にした作品が多数届きました。上位には窓ガラスや水面への映り込みを捉えた作品などが選ばれました。応募は240点。2019年の各月1席の中から選ぶ最優秀賞は年内に紙面で紹介します。各月の上位作品を展示する「読者の写真ロビー展」を1月7~18日に愛媛新聞社本社で開催します。(スポーツ・映像報道部副部長・樋口和至)

  • *写真をクリックすると拡大されます
  • *写真転用は厳禁です

1席「マドンナ見下ろす道後駅」

2席「絆のエール」

2席「何があっても離さない」

3席「沈下橋を渡る」

3席「少年」

3席「夕日と釣り人」

佳作「銀杏(いちょう)並木トコトコ進め」

佳作「手水(ちょうず)」

佳作「フェイス」

佳作「RED&BLACK」

佳作「流れ」

奨励賞「相似形」

奨励賞「火砲サンセット」

宮本 直美(36)松山市

 夜の伊予鉄道道後温泉駅を喫茶店の窓ガラス越しに狙いました。店内の壁に描かれた女性やシラサギが窓ガラスに映り込み、不思議な作品に仕上がっています。撮影者自身が映り込まないように注意しながらシャッターを切ったそうです。タクシーなど街の明かりもバランスよく配置されています。松山市道後湯之町。

皆川 春奈(46)松山市

 スポーツやイベントを華やかに盛り上げる高校生のチアリーディング。ポンポンがしっかりハートの形になっています。輪の中からスマートフォンで撮影しました。松山市大浦の北条スポーツセンター。

宮崎 茂(62)愛南町

 視線の先に気になる何かがあるのでしょうか。子ザルが母ザルの乳首をくわえて引っ張りながら何かを見つめています。何げない瞬間をカメラに収めました。香川県小豆島の銚子渓自然動物園・お猿の国。

小泉 次郎(72)松山市

 高知県四万十市西土佐半家で行われた半家天満宮秋祭りの一場面。青空の下、沈下橋の上を歩くみこしや五つ鹿などの一行が鏡のような川面に映っています。実際に見えた風景を逆さまに見せています。

浜田 定樹(47)宇和島市

 男の子がカラフルな風船に囲まれています。色彩だけでなく、風船にプリントされたローマ字が異国のような雰囲気を醸し出しています。大洲市春賀の三善小体育館で行われた「Reboot Festival」。

道土井 宏(58)松山市

 水平線に太陽が沈む「だるま夕日」と釣りをしている2人の女性のシルエットが見事に重なっています。夕日が沈む場所を予測して撮影したそうですが、なかなかできることではありません。松山市北吉田町から撮影。

上田 勇生(35)大洲市

 イチョウの落ち葉が広がる並木道を撮影者の娘さんが歩いています。秋らしい服装が風景にぴったりで、木漏れ日がいいアクセントになっています。

中川 八千代(70)愛南町

 手水舎の水面やひしゃくにイチョウの黄色が映り込んでいます。参拝者の手元をさりげなく収めています。西予市宇和町明石の四国霊場43番札所・明石寺。

中川 雄喜(60)松山市

 マントヒヒが何ともいえない表情でこちらを見ています。シャッターを切るタイミングが絶妙です。砥部町上原町の県立とべ動物園。

長谷 由美(54)松山市

 光の具合で赤と黒に見えるモミジを大胆に切り取っています。白い背景など色彩のコントラストが印象的な作品です。大洲市新谷の稲荷山公園。

林 慶司(45)東温市

 紅葉が見頃を迎えた内子町の小田深山渓谷。広角レンズでモミジの葉が張り付いた岩に近寄り、川の流れをスローシャッター(2秒)で表現しています。

松本 優子(38)松山市

「相似形」

貴田 万太郎(51)宇和島市

「火砲サンセット」

年間賞候補と予選通過者

【年間賞候補】 「異次元」林慶司

【予選通過者】 四国中央市=佐藤雄二▽西条市=菅初雄、山内政博▽今治市=大野賀代子、尾鷹総幸、兼井公子▽松山市=安宅紀之、井上雄次、上野登志、小西明徳、武井寛喜、道土井友子、山本健一▽松前町=西畑五雄▽砥部町=土居民興▽大洲市=笹田雅代▽西予市=松岡憲彦▽宇和島市=井関俊、岡村照幸、白石信夫▽愛南町=浜本秀雄

バックナンバー(読者会員限定)

月間賞のバックナンバーは読者会員限定です。ログインはこちら。

年間賞

応募のしおり

規定
題材は自由。未発表(二重投稿お断り)で半年以内に撮影の作品。大きさはL判以上、四つ切り程度まで。合成写真は不可。組み写真の場合はその旨明記してください。作品裏面に郵便番号、住所、氏名、生年月日、電話番号、題名、撮影年月日、場所、撮影時の状況を簡単に書いたメモを貼付。毎月25日締め切り。応募作品は返却しません。撮影の際は法令を順守、プライバシーに配慮し、被写体本人の承諾を得てください。不適切な場所・方法で撮影した作品は対象外とします。
送り先
郵便番号790-8511、松山市大手町1の12の1、愛媛新聞社編集局「読者の写真」係
審査・発表
愛媛新聞社編集局で審査、翌月の本紙と愛媛新聞ホームページ
1席 1点、2万円▽2席 2点、1万円▽3席 3点、5千円▽佳作 5点、図書カード▽奨励賞 数点、図書カード

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。