愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

東北 向こう3か月(12月~2月)の天候 日本海側を中心に大雪に注意

2020年11月25日(水)(日本気象協会)

メイン画像

きょう25日(水)、仙台管区気象台は向こう3か月(12月~2月)の天候の見通しを発表しました。この冬の平均気温は、ほぼ平年並で、東北らしく寒い冬になりそうです。また、東北太平洋側では低気圧の影響を受けやすく、向こう3か月の降水量は、平年並か多いでしょう。東北日本海側では大雪に、東北太平洋側でも南岸低気圧による降雪に注意が必要です。

2020年12月【日本海側を中心に大雪や落雷、突風、ひょうに注意】

画像A

【ポイント】

日本海の海面水温は平年より高く、上空に寒気が流れ込むと雪雲が発達します。冬(12~2月)は、日本海沿岸で雷が発生しやすく、一回あたりの雷の電気量が多く、落雷すると被害が大きくなりやすい特徴があるといわれています。落雷などに注意してください。

日本海側 一時的に冬型の気圧配置が強まり、大雪となる恐れがあります。着雪やなだれに注意が必要です。

太平洋側 平年と同様に冬晴れの日が多い見込みです。空気が乾燥しますので、火の取り扱いにお気をつけください。

気温と降水量は、ほぼ平年並の予想です。

2021年1月【太平洋側でも大雪となる恐れ】

画像B

【ポイント】

太平洋側では、平年に比べて雨の量が多くなりそうです。また、南岸低気圧の影響で大雪となる恐れもあります。この冬は普段雪の降らない地域でも、雪への備えを万全に整えておくとよさそうです。

日本海側 冬型の気圧配置や寒気の影響で、雪の降る日が多いでしょう。

太平洋側 低気圧の影響を受けやすく、平年に比べて冬晴れの日が少ない見込みです。

気温は、ほぼ平年並ですが、朝晩の冷え込みが強い日は、水道管や路面の凍結に注意してください。

降水量は、東北日本海側でほぼ平年並、東北太平洋側で平年並か多い見込みです。

2021年2月【太平洋側を中心に南岸低気圧による降雪に注意】

画像C

【ポイント】

太平洋側を中心に低気圧の影響をやや受けやすくなりそうです。引き続き、南岸低気圧による降雪には注意して下さい。

日本海側 平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。

太平洋側 平年と同様に冬晴れの日が多い見込みです。

気温と降水量は、ほぼ平年並になりそうです。

(髙橋 衡平)

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。