ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今夜は星空を見上げてみよう ふたご座流星群ピーク

2019年12月14日(土)(日本気象協会)

メイン画像

今夜から15日の明け方は、三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」がピークを迎えます。極大になるのは15日午前4時ごろ。月が明るいので条件として理想的とまではいきませんが、それでも数多くの流れ星を見るチャンスです。

ふたご座流星群 今夜から明日明け方にピーク

今年のふたご座流星群は、今夜から15日の明け方がピークです。今夜には流れ星が見えると予想され、15日の午前4時ごろには「極大=最も活発になる日時」を迎えます。午前5時ごろまでは、流れ星が見えるでしょう。今夜は月が明るいため、観察の条件としては理想的とは言えません。見える数は月のない夜に比べて減ってしまうと考えられますが、それでも、多くのチャンスが訪れそうです。

太平洋側中心にチャンスあり

画像B

今夜から15日の明け方にかけての天気はどうでしょうか。北海道や東北、北陸、山陰では残念ながら厚い雲が広がります。ただ、北海道から東北の太平洋側は、夜遅くになると雲の切れ間が出るようになるでしょう。関東や東海は空気が澄んで、星空鑑賞に適した天気になる見込みです。近畿から九州は雲が広がることもありますが、太平洋側を中心にチャンスがあるでしょう。

流れ星を探す際の工夫として、月を避けて、いろいろな方角を観察すると良いでしょう。流れ星は、放射点があるふたご座付近だけでなく、ふたご座を中心として放射状に出現するため、どちらの方角にも現れます。明るい月の周辺では見つけづらくなってしまうので、なるべく空の広い範囲を見るようにしましょう。また、流れ星が見られない場合でもすぐに切り上げてしまうのではなく、目が暗さに慣れるまで、15分程度は観察を続けると良さそうです。

今夜は一時的に冬型の気圧配置となり、各地で冷える予想です。手袋やネックウォーマー、ダウンジャケットといった寒さ対策をしっかりとなさった上で天体ショーをお楽しみください。

(宮田 雄一朗)

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。