愛媛新聞ONLINE

2022
89日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

小学生の作品募集

珍種生物考えて 作家・田丸さんが小説化

2022年7月3日(日)(愛媛新聞)

前回の最優秀賞作品「れんらクラゲ」。触手で手紙やプレゼントを包んで、空を飛んで届けてくれる

前回の最優秀賞作品「れんらクラゲ」。触手で手紙やプレゼントを包んで、空を飛んで届けてくれる

 県内の児童を対象に不思議な能力を持つ生き物のアイデアを募集する「『珍種発見ほうこくしょ』を作ろう2022 あなたのアイデアが小説に」を開催します。松山市出身のショートショート(SS、短くて不思議な物語)作家・田丸雅智さんが審査し、応募作品をもとに児童向けSSを創作、本紙で発表します。

 

 【募集内容】A4サイズの紙に珍種生物の名前、絵、説明文をかいた「珍種発見ほうこくしょ」を作成する。絵は好きな画材で色付けする

 

 ※愛媛新聞ONLINEから応募用紙やワークシートをダウンロード、「おうちで創作教室」の動画を視聴できる

 

 【対象】県内の小学生

 

 【応募方法】作品をかいた紙の余白に作者の氏名、学校名・学年、住所、電話番号、保護者の氏名を明記し、郵便番号790-8511(住所不要)愛媛新聞社生活文化部「珍種発見ほうこくしょ」係へ。9月30日締め切り(必着)。複数の応募可(ただし紙1枚につき1作品)

 

 【賞】最優秀1点(賞状、副賞として図書カード5千円分)、優秀数点(賞状、同3千円分)など入賞作を選び、紙面で紹介する。最優秀・優秀のアイデアを田丸さんが小説化する

 

 ※入賞作品の著作権は愛媛新聞社に帰属

 

 【問い合わせ】生活文化部=電話089(935)2233(平日午前10時~午後5時)

 

 主催 愛媛新聞社

 

 後援 愛媛県教育委員会

 

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ