愛媛新聞ONLINE

2022
818日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー
応援メッセージを送る

全国高校野球選手権 愛媛大会54チームの横顔

宇和島東高校野球部

2022年7月2日(土)(愛媛新聞)

 

メンバー表の○印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の○印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

 

メンバー表の○印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の○印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

【守備強化で弱点少なく】

 昨夏の経験者が多く残り、高い打力を生かすため守備強化に時間を割いてきた。弱点の少ないバランスの取れたチームで、2019年以来の甲子園を目指す。

 打線の中心は大会屈指のスラッガー武田で、長打で試合の流れを変える勝負強さが光る。中軸を打つ清水陽、冨永ら脇を固めるメンバーも迫力を増してきた。

 投手陣は武田が捕手経験を生かし打者のタイミングを外す。救援陣の成長も大きい。左腕土田はひと冬越え制球が改善。2年の善家は135キロ前後の直球で押し、上田、山本も安定感がある。

 守備はショート上甲が捕球、送球とも安定。セカンドは川島が力を付け鉄壁の二遊間を組み、内外野の連係もそつがない。

 

◆土田翔大主将◆

 春の敗戦以降、打撃の確実性を高めてきました。関わっているすべての方々に甲子園出場で恩返しをします。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7-9月号でも、各チームを特集しています。

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ