愛媛新聞ONLINE

2022
88日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

未来のかたちインタビュー

門屋組 門屋光彦社長

2022年6月30日(木)(愛媛新聞ONLINE)

────総合建設業の門屋組(松山市)の門屋光彦社長に聞きました。

 

 

 

建物を通して地域を見守る〝ランドマーク・ドクター〟

 

「建物を通して地域を見守り続ける『ランドマーク・ドクター』でありたい」と語る門屋光彦社長

「建物を通して地域を見守り続ける『ランドマーク・ドクター』でありたい」と語る門屋光彦社長

「建物を通して地域を見守り続ける『ランドマーク・ドクター』でありたい」と語る門屋光彦社長

「建物を通して地域を見守り続ける『ランドマーク・ドクター』でありたい」と語る門屋光彦社長

 

 

 門屋組は明治末期の1910年、曽祖父の門屋留一郎が起こしました。2020年に創業110年の節目を迎えたのを機に、国連の定める目標年に合わせた「門屋組10年指針」として「SDGs宣言」をしました。

 

 経営理念の「誠実一途」「顧客本位」「地図に、歴史に、人の心に留(とど)まる建物を見守り続ける」は、SDGsの理念「住み続けられるまちづくりを」「つくる責任つかう責任」にも通じる考えです。

 

 4代にわたって手掛けた建物は、個人の住宅、企業、大学、医療機関などの民間施設をはじめ、大街道商店街アーケードや道後温泉別館飛鳥乃湯泉といった地域を代表する公共建築物まで、2千棟に上っています。

 

 建物は50年、100年存在する地域のランドマーク。顧客満足を第一に、最新テクノロジーを導入した安全安心な建造物を提供しています。建てて終わりではなく、メンテナンスが事業の基軸。完工後2年の住宅瑕疵(かし)保証を付けて無償で点検し、完工日には施主に誕生日メッセージを送っています。設計施工から安全管理まで一貫体制の強みを生かし、建物を通して地域を見守る「ランドマーク・ドクター」の使命を果たしていきます。

 

 

 

建設現場の自販機売り上げを、貧困をなくす活動に寄付

 

 建設現場に設置している自動販売機の売り上げを、貧困をなくすための活動に寄付し、ウクライナ危機で苦しむ人たちをはじめ国内外での支援に役立てる計画です。協力会社に負担をかけることなく、誰でもワンコインから取り組める社会貢献として輪を広げていきたいです。

 

 また、松山市からの提案で、道後温泉本館の保存修理工事で使った「火の鳥」のテント膜を学校用テントに仕立て直し、地元の二つの小学校に計30張を贈りました。「つくる責任」を果たすとともに、子どもたちの喜ぶ顔に「地域への恩返しができたかな」と思いもひとしおでした。

 

道後温泉本館の保存修理に用いた「火の鳥」のテント膜を学校用テントに再生し寄贈

道後温泉本館の保存修理に用いた「火の鳥」のテント膜を学校用テントに再生し寄贈

道後温泉本館の保存修理に用いた「火の鳥」のテント膜を学校用テントに再生し寄贈

道後温泉本館の保存修理に用いた「火の鳥」のテント膜を学校用テントに再生し寄贈

 

 

 このほか、地域スポーツ振興として、地元のFCゼブラ城北や小学生女子野球チームのマドンナジュニア愛媛を支援しています。地域チームは資金難などに陥りがちですが、地域が困っているときこそ頼られる存在でありたいです。助け合う大切さは新型コロナウイルス禍が教えてくれました。自社の利益追求だけではだめ。業種を超えて力を合わせることが「誰一人取り残さない」ことにつながると信じます。

 

 

 

創業200年の夢、社員の健康と幸福が持続可能な事業の礎になる

 

 健康が会社のパフォーマンスを上げるといっても過言ではありません。社員一人一人が心身ともに健康であるためには社員の家族も幸せであることが大事。会社負担の人間ドックは配偶者にも受けてもらっています。また、半世紀ぶりの建て替えとなる新社屋にはトレーニングルームを設けるなど、働きやすく魅力ある拠点づくりを目指しています。

 

半世紀ぶりの建て替えとなる門屋組新社屋の完成予想図

半世紀ぶりの建て替えとなる門屋組新社屋の完成予想図

半世紀ぶりの建て替えとなる門屋組新社屋の完成予想図

半世紀ぶりの建て替えとなる門屋組新社屋の完成予想図

 

 

 私には創業200年という壮大な夢があります。次の100年に向けた1年を1歩と考えると今はまだ12歩目。事業を次世代につないでいくことは私一人ではなしえません。険しい道のりですが、社員と本気・本音の全社一丸となって、確かな1歩を積み重ねていきます。

 

 

 

門屋組のホームページはこちら

 

 

 

Towards2030~愛媛のSDGs~トップページ

 

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ