愛媛新聞ONLINE

2022
818日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー
応援メッセージを送る

全国高校野球選手権 愛媛大会54チームの横顔

松山聖陵高校野球部

2022年6月28日(火)(愛媛新聞)

 

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

 

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

【能力底上げし戦力整う】

 春の四国大会で明徳義塾(高知)に敗戦後、個々の能力の底上げに取り組んだ。ノーシードから県代表の座をつかみ甲子園に出場した2016年の再現となるか、戦力は整ってきた。

 投手は直球とチェンジアップの緩急で抑える左腕喜納と、140キロ近い速球で押す玉城が主戦。2年親川は変化の大きいスライダーが武器。守備は捕手高田が細かく指示を送り統率する。外野の核だった末井をサードへコンバートし、広沢や池田ら外野陣がレギュラーを争う。

 打線は左右に長打が打てる森田や広角に打てる新垣と末井、勝負強い伊東らが頼り。打順は流動的だが上位、下位のむらがなくなりつながりが出てきた。

 

◆高田真之介主将◆

 目標は甲子園での勝利。愛媛大会からチーム一丸で最後まで戦い抜き、悔いの残らない試合をします。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7-9月号でも、各チームを特集しています。

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ