愛媛新聞ONLINE

2022
815日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー
応援メッセージを送る

全国高校野球選手権 愛媛大会54チームの横顔

三島高校野球部

2022年6月22日(水)(愛媛新聞)

 

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

メンバー表の〇印は主将、丸数字は学年。2020年の成績は県夏季大会

【努力は実を結ぶ】投内連係の守備練習。緊張する本番を意識して練習を繰り返す=三島高(撮影・宮内佑己)

【努力は実を結ぶ】投内連係の守備練習。緊張する本番を意識して練習を繰り返す=三島高(撮影・宮内佑己)

【守りからリズムつくる】

 練習の冒頭、前日の内容を選手同士で確認。連係プレーでのカバー体制など基本を大切に、守備力強化を図ってきた。守りからリズムを生み、8強を目指す。

 扇の要の大久保は緊迫した場面での捕球力が向上。一体感のある二遊間の青木、篠原や、打球反応が速い中堅・小原らセンターラインが安定してきた。投手陣は駆け引きが得意な合田や、伸びのある球筋の篠原が主力となる。

 攻撃は相手のミスを逃さず、ノーヒットで得点を挙げるいやらしさを意識。御手洗や小原らの足を絡め、ライナー性の長打で守備を抜く大久保、広角に強く打てる金崎らの勝負強さを生かす。

 課題の試合の立ち上がりを改善し、チャンスにたたみかけたい。

 

◆大久保向陽主将◆

 一つのことをやり切ろうと取り組んできた。隙を見せず走攻守でいやらしく攻め、ベスト8をつかみます。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7-9月号でも、各チームを特集しています。

    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ