愛媛新聞ONLINE

2022
76日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山商と西条で発見! 愛媛の「隠れた逸材」

 

春季大会優勝が決まり、飛び跳ねて喜ぶ松山商の楠岡晴陽

春季大会優勝が決まり、飛び跳ねて喜ぶ松山商の楠岡晴陽

ライバルであり親友の賢臣(左)と圭祐。「2人の髙橋」で夏の頂点を目指す

ライバルであり親友の賢臣(左)と圭祐。「2人の髙橋」で夏の頂点を目指す

レギュラーではないかもしれない。エースではないかもしれない。

だが、夏の大会を勝ち上がるための鍵は、主力選手の活躍だけでなく、脇を固める選手層の厚さにもある。

試合を見ていて、ふと、そういう選手を目で探している自分に気付く。夏の愛媛大会第1シードの松山商、第2シードの西条から、私が見つけた「隠れた逸材」を紹介したい。(杉野一郎)

 

⚾小さな大打者ー松山商 楠岡晴陽

 

春季大会優勝が決まり、飛び跳ねて喜ぶ松山商の楠岡晴陽

長い冬の時代を乗り越え、17年ぶりに春の県大会を制した松山商。ゲームセットの瞬間、キャプテンの西岡龍樹ら3年生は、喜びと同時に感極まった表情を浮かべた。それとは対照的に、ぴょんぴょん飛び跳ねながら頭上で大きな丸を作り、全身で喜びを爆発させる小柄な選手がいた。サードを守っていた2年生の楠岡晴陽だ。「なんとか3年生を優勝させたい気持ちが大きくて。優勝という経験もこれまでになかったから、すごくうれしくて喜んでしまいました」。

 

中学時代から高く評価されていた楠岡のバッティング

身長158センチと小柄ながら、バットを内側から出し、逆方向にミートする技術は中学時代から高く評価されていた。春の県大会では、その打力が認められ背番号5を背負い3試合に出場。打率は2割5分だったものの・・・

 

夏将軍復活の鍵を握る「小さな大打者」。そして西条の「もう一人の髙橋」。杉野さんが隠れた逸材たちの素顔を取材しました

    残り:1199文字/全文:1776文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。

    Myページ

    さん(

    今月の有料記事閲覧可能本数 5/5本

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。