愛媛新聞ONLINE

2022
519日()

新聞購読
新規登録
メニュー

創建150年迎え子どもみこし修復

今治・吹揚神社で春季例大祭 みこし3年ぶり運行

2022年5月14日(土)(愛媛新聞)

子どもみこしを宮だしする小学生ら

子どもみこしを宮だしする小学生ら

 愛媛県の今治城内にある吹揚神社(今治市通町3丁目)で14日、春季例大祭があり、新型コロナウイルスの影響で中止していたみこしの運行が3年ぶりに復活した。神社創建150年を迎えリニューアルした子どもみこしとともに小学生が元気いっぱいに練り歩き、祭りを盛り上げた。

 

 氏子らでつくる今壱会が、みこし計6台を運行。神社は今回の祭りに合わせ、子どもみこしを修復し金メッキを塗り直すなどした。

 

 午前10時ごろ、大みこしなどに続いて、子どもみこしを宮出しした。法被に身を包んだ小学生たちは慎重にみこしを台車に乗せると、息を合わせて引っ張り、地域に繰り出していった。

 

    残り:74文字/全文:346文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。