愛媛新聞ONLINE

2022
815日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

西予市図書交流館 野村分館

野村分館おすすめ本紹介4月(2)

2022年4月24日(日)

 

 

 

 

 

本はただの紙ではありません。 

そこには作者がいて、対話し、思索を深めることができます。 

また、私たちでは上手く言葉にできない感情や状況も、卓越した描写で切り取 

ってくれますね。 

笑ったり泣いたり憤ったり、そんな言葉が聞きたかったと感激したり。 

また、理解が深まることで人生が広がる読書。 

一日に一行でもいい、本を手にとってみよう。 

多々ある本の中から、毎月何冊かを紹介します。 

 

新入荷図書(一般書) 

 

・「おんなの女房」 

蝉谷めぐ実(せみたにめぐみ):著 角川書店:発 

 

文学-小説-歴史・時代小説 

歌舞伎を知らぬ女房と、女より美しい“女形”(おんながた)の夫。やがて惹かれ合う夫婦を描く、エモーショナルな時代小説。女房とは、女とは、己とはいったい何なのか。いびつな夫婦の、唯一無二の恋物語が幕を開ける。 

 

・「20代で得た知見」 

F(エフ):著 KADOKAWA:発 

 

文学-エッセイ-日本のエッセイ 

インターネットでは出会えない、この本の中の言葉に触れてみてください 

 

・「心をととのえるスヌーピー 悩みが消えていく禅の言葉」 

チャールズ・M・シュルツ:著 谷川俊太郎:訳 光文社:発 

 

哲学・宗教・心理―宗教―仏教 

「実はスヌーピーは『読む座禅』。禅に通じるピーナッツコミックの世界」。(ジャケットの帯により) 

表紙も、お馴染みのスヌーピーの絵と日本らしい竹や松がミックスされています。 

モノクロで描かれ、余白が生きているピーナッツコミックは、禅につうじるものがあり、登場するキャラクターのセリフにも禅語と重なる部分が多々見られます。また、無言でもそこには禅語に通じる世界が広がっているのです。 

 

・「遠い昨日、近い昔」 

森村 誠一:著 バジリコ:発 

 

伝記・手記―伝記―日本 

『人間の証明』『悪魔の飽食』など、話題作の数々を世に問うた作家人生のすべて!焦土から出発し、数々の名作を生んだ社会派推理作家が、戦後日本の移ろいに自らの思いを重ねて綴る初の自伝。 

 

・「週刊朝日臨時増刊号 サザエさん 長谷川町子没後30年 2022春」 

 朝日新聞社:発行 

 

雑誌 

特集は「昭和の風景」。真ん中あたりには「エプロンおばさん」傑作集を掲載あり。さらにその下段には、「世相やニュースと振り返る長谷川町子の歩み」年表あり。一口に「昭和」といっても長い。国民的漫画を楽しみながら、ぜひ当時の様子を知ってください。 

 

・その他「新入荷図書」 

 

◎漫画「ヤンキー君と白杖ガール」うおやま:著 KADOKAWA:発 

◎漫画「HEART STOPPER」 アリス・オズマン:著 トゥーヴァージンズ:発 

◎漫画「ひとりでしにたい」 カレー沢薫:著 講談社:発 

◎小説「同志少女よ、敵を撃て」 逢坂冬馬:著 早川書房:発 

◎小説「人面島(じんめんとう)」 中山七里:著 小学館:発 

◎小説「香君(こうくん) 上・下」 上橋菜穂子:著 文藝春秋:発 

◎その他の一般書、大型絵本や紙芝居、児童書も新入荷しました!! 

 

=図書館・図書室の役割がよくわかる小説= 

 

「図書館ホスピタル」 三萩せんや:著 河出書房新社:発 

「図書室のピーナッツ」 (ハートフルブックストーリーシリーズ) 

竹内真:著 双葉社:発 

~オマケ  

本の背表紙のシールは図書の分類、所在記号、請求記号で、913.6なら「キュウ イチ サン テン ロク」と読みます。 

 

アプリ取得

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

  • iosアプリ
  • androidアプリ