愛媛新聞ONLINE

2022
75日()

新聞購読
新規登録
メニュー

野球JABA子規記念杯大会

松山PXが4大会ぶりV MSH医療専門学校に5―1

2022年4月17日(日)(愛媛新聞)

【松山PX―MSH医療専門学校】3回表松山PX2死二、三塁、高尾が2点中前打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

【松山PX―MSH医療専門学校】3回表松山PX2死二、三塁、高尾が2点中前打を放ち3―0とする=坊っちゃんスタジアム

 野球のJABA(日本野球連盟)子規記念杯大会は17日、坊っちゃんスタジアムで決勝と3位決定戦を行った。松山フェニックス(PX)は決勝でMSH医療専門学校(広島)を5―1で下し、4大会ぶり9度目の優勝を果たした。

 

 松山PXは初回、前田が安打で出塁して三塁まで進み、山口の適時打で先制した。三回は2死二、三塁で高尾(今治西高出)が中前打を放ち2点を追加。九回には片山(松山東高出)の2点三塁打で突き放した。先発道原は五回途中まで2安打無失点にまとめ、阿部、伊藤(松山商高出)のリレーで最少失点にしのいだ。

 

 大会最高殊勲選手賞には1回戦で7回無失点と好投した亀岡(愛媛大出)が選ばれた。

 

【地元大会で優勝 都市対抗予選に弾み】

 

 先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点した松山PX。地元大会を優勝で飾り「本番」と位置付ける都市対抗予選に弾みをつけた。

 

 初回は1死三塁で、山口が「チャンスに中軸が消極的ではチームが沈む」と初球を強振。2試合連続となる先制打で勢いづけた。

 

 三回は2死二、三塁で高尾。1回戦は全5打席いずれも走者を置いて迎えたが、3三振を喫し「何点取り損ねたやろうか」と嘆いていた。この打席は「後ろにきっちりつなごう」とミートし中前へ運び、塁上でほおを緩めた。

 

 九回には途中出場の片山がレフト線へ流す2点三塁打で試合を決定づけた。田渕監督は「チャンスで一本出すのは、相手も力を入れてくるので難しい。だが何度もチャンスメークできたのは良かった」と7イニングで得点圏に走者を進めた攻撃を評価した。

 

 山口と高尾の適時打は共に前の打者が三振した中での一本。山口は攻守に課題はあるとしつつ「今年は誰かのミスやベンチの雰囲気が沈みかけるところをカバーできている」と好材料を挙げる。

 

 都市対抗予選まで残り約1カ月。新人の高尾は「前後にいい打者がいて、あとは自分がつなぐだけ。企業チームに負けない高い意識で練習に取り組む」。中核を担う自覚をにじませた。(門屋駿介)

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。