愛媛新聞ONLINE

2022
88日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

東大合格者の勉強法とは…? わたしの合格体験記・松山東高編

 

東京大学の赤門=東京都文京区

東京大学の赤門=東京都文京区

受験生活を振り返る松山東高の東大合格者ら

受験生活を振り返る松山東高の東大合格者ら

西村風人さん

西村風人さん

岸本晴波さん

岸本晴波さん

松下卓央さん

松下卓央さん

富森楓麻さん

富森楓麻さん

今春、4人が東大に合格した松山東高校

今春、4人が東大に合格した松山東高校

 

 日本の大学で最難関の東京大。その合格発表が3月10日に行われました。愛媛からも新型コロナウイルス禍や難化した共通テストを乗り越え、夢をつかみ取った合格者が誕生しています。

 高いレベルの受験を制するには何が必要なのでしょう。愛媛新聞ONLINEでは愛光高、松山東高の協力で、今年の合格者の体験談を紹介します。今回は4人が東大に合格した松山東高編をお届けします。(聞き手・坂本敦志)

 ※愛光高編は3月19日に公開します。

 

西村風人さん 文科3類
岸本晴波さん 文科3類
松下卓央さん 文科2類
富森楓麻さん 理科1類

 

東京大学の赤門=東京都文京区

Q 東大を志望した理由を教えてください

 西村さん 僕は宇和島なんですけれども、愛媛で一番レベルが高い県立高の松山東を選び、宇和島から3年通いました。大学を選んだ理由もほぼ同じです。松山に来て切磋琢磨して自分を高めることができたので、高2の終わりぐらいから日本で一番レベルの高い東大を受けようと考えました。

 岸本さん 僕はサッカー部で部活動をやっていたんですが高3の6月に引退し、受験勉強に本腰を入れる時に東大を志望し始めました。普通の中学校から松山東に来て、周りからいろいろな刺激をもらえたので、日本一の大学ならもっと優秀な学生や教授と会って刺激を受けたり視野が広がったりするかなと思いました。

 松下さん 僕は高2の途中で東大を目指そうと思いました。それまで京都大の総合人間学部を志望していたんですけれども、調べてみるとそこは自由度が高いらしくて。ある程度きちっとして、真面目な人たちがいるような方が自分に合っているかもと思って、じゃあ東大を目指してみようかなとなりました。

 富森さん 僕も高2の途中ぐらいから東大を志望するようになりました。父が住む東京に行った時、レコードを集めているんですが、インターネットやこの辺のレコード店では手に入らないものが現物を見て手に入るという驚きがありました。地方は地方でいいところがあるんですけれども、都会、東京のよさも経験してみたいと思い、志望しました。

 

受験生活を振り返る松山東高の東大合格者ら

Q 長い受験勉強、モチベーションをどう維持しましたか

 西村さん 東大オープン模試で思ったようにできず、1回も合格者最低点に乗ったことがなく落ち込んでいたんですが岸本君が「しょせん模試だから」とか言って安心させてくれたので、それで大丈夫なのかなという気持ちになりました。

 岸本さん 僕もオープン模試は夏の時点で「E判定」で偏差値も42と東大志望者の中で下の方。受験勉強を始めるのが遅かったのでヤバイなとなったんですが、一度東大を目指すと決めたのでやるしかないなと自分に言い聞かせました。秋まで頑張って勉強して模試で成績が少し上がったので、「成績が上がった」というモチベーションで最後まで走り抜きました。

 松下さん 僕は模試の判定自体は悪くなかったのでそこは安心していたんですが、ずっと勉強しているとこのままで大丈夫なのかなとか、他の人に抜かれないかなとか、今はできていても他の人に逆転されないかな、というような不安がありました。でも結局はやれることをやるしかないと。たまに東大のホームページやサークルの様子を見て、入学した後のことを考えると、今やっていることはあまり大層なことではないと思うようになりました。

 富森さん 模試の判定は最低基準でもあると思うんですが「A判定」でも合格最低点に照らしたら達しないということがあって、自分が伸びきれる感覚がなかったので、本番で最低点に到達できるかとか超えていけるのかという不安はとてもありました。でも4月からの生活や先の展望を考えるとやる気が自然とわいてきました。

 

西村風人さん

Q どれぐらい勉強をしてきましたか

 西村さん あまり参考にならないかもしれません。僕は朝5時ぐらいの電車に乗り、7時に松山に着いて、8時半から学校始まるのですが、その2時間半は勉強しようと。帰りも電車が1時間半あるので暇なので勉強する。そんなふうに生活の中に入っていた感じです。夜も普通に11時ぐらいに寝ていたので、他の受験生に比べると全然勉強していない。記事にもできないぐらいかもしれません(笑)。ただ、授業には集中していました。知識を得るのは好きなので、「覚える」ということをあまりしなくても、覚えられた部分はあるのかなと思います。

 岸本さん 高1と高2は、テスト前に考査の勉強をするぐらいで部活と遊びに「全振り」していました。受験勉強を始めてからは、時間より量で勉強を計るようにしました。時間を意識すると、机には向かっているけれども何も吸収できず、ただ時間だけ過ぎるという感じがあって、それが嫌だったので「今日はこのページのどこからどこまでやる」というふうに量で区切りました。何時間勉強したからは分からないですが、決めた量はしっかりやるようにしていました。僕は塾にも行っていないので「自分で試行錯誤しながら勉強する」というテーマを持っていました。先生が読むかもしれないので言いにくいのですが、自分が完璧に理解している授業、必要ないと思う授業については積極的に「内職」をしていました(笑)。不合格だった時に先生にこう言われたからとか、他人のせいにするのが嫌だったので、自分はこうした方が伸びると思ったら自分の決めた勉強方法を最後までしっかりやりました。

 松下さん 高2の頃には平日3~4時間。休日は部活のない日だと10時間ぐらいは勉強していました。受験生になっても大して時間は変わらず、学校に来て自習していたので、その時間をちゃんとして、家に帰ったらだらだらしていいかなあと、場所でオン・オフをつけました。僕も岸本君みたいに自分で考えて勉強するつもりだったんですが、周りに流されやすいので気にしてしまうんです。先生に「こうしたら」と言われたら「でもなー」と思っても一応はやってみる。とりあえず一回やってみて、駄目だったらやめようというような感じでやっていました。

 富森さん 勉強時間は日によってまちまちで今日は集中したという日もあれば、あれ、何もやってないよという日もあり。家で勉強していたのですが自分の部屋がなくて、隣に親がいて話し掛けられるので集中できないこともありました。自分も西村君と一緒で授業に集中して完結するのが一番効率が良いと思っています。授業で完結できなかったところは、次に自分で何をやるかというのを明確にするようにしました。

 

岸本晴波さん

Q 苦手科目はどう勉強しましたか・・・

    残り:5658文字/全文:7133文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。
    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ