愛媛新聞ONLINE

2022
76日()

新聞購読
新規登録
メニュー

【インタビュー&未公開写真】山根ことみ女流二段タイトルへの道程

 

 

 

 

 

 3月11日に行われた将棋の第15期マイナビ女子オープン挑戦者決定戦で敗れ、愛媛県松山市出身の山根ことみ女流二段(24)は、あと一歩ところでタイトル挑戦を逃しました。対局から一夜明けた12日、都内で愛媛新聞のインタビューに応じました。 (聞き手・小田良輔)

■チャンスはあったので悔しい

 

やまね・ことみ 1998年生まれ。愛媛県松山市出身。松山将棋センターで将棋を始め、新田高校在学中にプロの女流棋士となった。2019年の第5回YAMADA女流チャレンジ杯で優勝、21年の第32期女流王位戦でタイトル戦に初挑戦した。野田敬三六段門下。東京都在住。

タイトル挑戦者決定戦から一夜明けて、今の心境はいかがでしょうか。 内容自体もいろんな方から「チャンスがあったね」と言っていただいて、本当にチャンスはあったと思うので、そこは悔しいですね。悔しさがじわじわときています。でも、切り替えは早いので、すでに次の対局に向けて準備をしているところです。

その日のうちに、自分の中で分析されているのでしょうか。 モヤモヤしたままで次の日を迎えたくないので、その日にどこがどう悪かったかを反省して、自分の中で処理して忘れるようにしています。だからちょっと眠るのは遅くなったんですけど。一局をじっくり考えて、次の日に延ばさないようにして。だからすぐに切り替えることができました。

分析は具体的にどんなふうにされていますか。将棋ソフトも使って、でしょうか。 棋譜は頭の中で思い出せるので、食事とか何かやりながらでもできます。その局面で自分がどんな読みをしていたか振り返ります。それから(棋譜を)ソフトに入れて。先に入れてしまったら、結果が全部分かってしまうので、自分でまとめて納得してからソフトに入れるようにしています。

今回の対局は午後3時ごろに終わりましたが、遅くなる場合でも、その日のうちに分析を終えるのでしょうか。 寝る前はずっと頭に局面が浮かんでいて、納得したら寝ています。対局の帰り道も歩きながら考えることが多くて、いつも危ないんですよ。考える時に上を見ちゃう癖があって、帰り道とか上を向いたまま歩いていて、一度、電柱に当たったこともあります(笑)

反省を翌日に持ち越さないという言葉を聞いて、山根さんが以前の取材で語っていた大山先生(大山康晴15世名人)の言葉を思い出しました。大山全集には「勝った将棋はすぐ忘れること。(中略)負けた将棋はその原因をはっきりつかむこと。つかんだら、これも忘れる。要するに勝負の尾を後に引かないことである」と書かれていますね。 そうですね、ずっと自分の芯としてありますね。大山先生の教えはずっと自分の中に残っています。

■里見女流四冠の存在

里見香奈女流四冠

 

挑戦者決定戦は里見香奈女流四冠との対局でした。里見さんとは今回が通算して7局目でした。そのうち5局がこの1年間のうちに行われています。 タイトル戦に出たのが大きいですね。相手が誰でも準備して常に同じ気持ちで臨もうと思っているんですけど、やっぱり里見さんという存在はずっと昔からの憧れなので、存在感の大きさを意識してしまうことがあります。
 (初めて戦った16年の)1局目の時は気がついたら負けていたので、それに比べたら、周りの方も「チャンスがある」って気づけるくらいなので、いい方に向かっているんじゃないかな。

人工知能(AI)による評価値では50手目くらいまでは山根さんの方が優勢でした。対局直後に話を聞いたときは「(50手目からの)△4四飛車、▲7五歩、△4六銀となってしまい、取れたはずだった銀が『銀交換』になった」ことを反省点に上げていました。 (評価値について)自分が得意ではない序盤でポイントは稼げていましたね。でも(その後)得意なところで間違えてしまったので…。ちょっと迷いながら指してしまいました。迷いがあると、悪い方に手がいくことが多いので。時間差が開いていたのが途中から気になってしまって、だから、そういうところですよね。気持ちは将棋に出てしまうので。そういう焦りが出た手だと思います(51手目の)7五歩は。
 自分のペースが保てていなかったと思います。本来は時間を気にせずに自分が納得するまで考えて、持ち時間を十分に使うのがいいんですけど。結果的に(持ち時間を)残しちゃいましたし。焦っちゃったのが悪手になりましたね。

 

長らく女流棋界でトップに立つ里見さんという絶対的な存在がいます。でも、山根さんが彼女を倒してタイトルを取る姿が見たい気もします・・・

    残り:3245文字/全文:4233文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。

    Myページ

    さん(

    今月の有料記事閲覧可能本数 5/5本

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。