愛媛新聞ONLINE

2022
76日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県内125事例目

四国中央でセアカゴケグモ1匹駆除

2022年2月10日(木)(愛媛新聞)

 県は10日、四国中央市妻鳥町の事業所敷地内で毒を持つ特定外来生物セアカゴケグモの雌1匹を確認したと発表した。殺処分済みで健康被害の情報はなく、四国中央市などの周辺調査で新たな個体や卵は見つかっていない。

 

 県内のセアカゴケグモの確認は125事例目(6市町)。9日に事業所の職員が発見し、通報を受けた市職員が駆除した。

 

 県は見慣れないクモを見かけた場合はむやみに触らず、市や県に相談するよう呼び掛けている。

 

    各種サービス

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。