愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2022年3月
体裁
A4判
ISBN
978-4-86087-162-8

在庫あり

かなしきデブ猫ちゃん マルのラストダンス

早見和真(文)・かのうかりん(絵)

価格: 1980円(税込み)

“でぶ猫ちゃん”シリーズ愛媛3部作ついに完結

外伝も特別収録

3月27日発売

童話は小説家・早見和真さん(2016年よりから松山市在住)と、絵本作家・かのうかりんさん(今治市出身)という愛媛ゆかりの作家による共作で、今作は愛媛3部作の締めくくりとなります。習い事の発表会でミュージカルの舞台に立ったアンナに触発されたマルが、理想のダンスを極めるため、自分自身を変えるため、ちょっと不思議な修行の旅に出ます。21年9月から22年1月まで全33回にわたった愛媛新聞の連載を加筆修正し、一冊にまとめました。

 

【あらすじ】

秋本番を迎え、道後の家がいつもより騒々しい。どうやらアンナの習い事の発表会が近いみたい。こっそり本番に駆け付けたマル。そこで目にしたのは…華麗なミュージカル!「オレも踊りたい」。理想のダンスを極めるため、そして、自分自身を変えるため、ちょっと不思議な修行の旅が始まる。

 

【著者】

〈早見和真〉

1977年神奈川県生まれ。2008年『ひゃくはち』でデビュー。16年に『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞受賞。 20年には『ザ・ロイヤルファミリー』でJRA賞馬事文化賞と第33回山本周五郎賞をダブル受賞。近著に『笑うマトリョーシカ』『八月の母』。

 

〈かのうかりん〉

1983年愛媛県今治市生まれ。動物や自然をモチーフにした創作活動を続ける。2013年に「いろんなおめん」で第6回Be絵本大賞入賞。著書にに「おやすみ おやすみ みんな おやすみ」など。第18回えほん大賞ストーリー部門大賞授賞作「どろぼうねこのおやぶんさん」の挿絵なども手掛けている。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2022年3月
体裁
A4判
ISBN
978-4-86087-162-8

注文する