愛媛新聞ONLINE

2022
815日()

新聞購読ボタン新聞購読
新規登録ボタン新規登録
メニューボタンメニュー

細かすぎて知られていない飛び地の話 西条・吉岡校区で住民に聞いた

 

吉岡小学校の大字を表示した地図。複雑さが一目瞭然だ

吉岡小学校の大字を表示した地図。複雑さが一目瞭然だ

明治時代に作成されたとみられる和紙公図。すでに「石延村飛地」の記載がある

明治時代に作成されたとみられる和紙公図。すでに「石延村飛地」の記載がある

吉岡小校区が飛び地だらけの理由を説明する串部さん

吉岡小校区が飛び地だらけの理由を説明する串部さん

吉岡小校区の飛び地について議論する自治会長のみなさん。座談会形式で語ってもらった

吉岡小校区の飛び地について議論する自治会長のみなさん。座談会形式で語ってもらった

東予郵便局の区分棚。区分機で処理できない郵便を手作業で仕分けていく

東予郵便局の区分棚。区分機で処理できない郵便を手作業で仕分けていく

再建された布都神社。社記によると、神社の周辺に石延の集落ができたと考えられる

再建された布都神社。社記によると、神社の周辺に石延の集落ができたと考えられる

飛び地があっても正確に配達できる仕組みが構築されている

飛び地があっても正確に配達できる仕組みが構築されている

 

 取材現場に向かうため、愛媛県東部・西条市内の地図を調べていると、なんとも奇妙なエリアが目に留まった。市北西部に位置する吉岡小学校区内。そこに存在するのは、同じ地名なのに分離された「飛び地」。それも一つや二つなんて生半可なものではない。大字(おおあざ)が、それぞれ一塊ではなく、ばらばらに点在して入り組んでいる。一体なぜなのか。謎に挑んだ。(西条支局・森岡岳夢)

■複雑な吉岡小学校区

 

吉岡小学校の大字を表示した地図。複雑さが一目瞭然だ

 人口約2300人の吉岡小校区内には、上市、石延(いしのべ)、新町、広岡、安用(やすもち)、安用出作(やすもちでさく)という六つの大字があり、郵便番号がそれぞれに振られている。大字ごとに色分け表示した地図を作ってみた。まとめて見ると、やはり飛び地が目立つ。特に複雑なのは吉岡小学校の南側。上市、石延、広岡が細かいパズルのピースのように組み合わさっている。地元民には大変失礼ながら、なかなかに「異様」ではないか。

 

明治時代に作成されたとみられる和紙公図。すでに「石延村飛地」の記載がある

 飛び地はどういう経緯でできたのだろう。地図や住所のことを調べるなら、土地の登記などを担当する法務局だと思い立ち、松山地方法務局西条支局の登記官を訪ねた。しかし「飛び地発生の経緯ですか…分かりませんね…」
 ただ、地権者でなくとも明治時代に作られたとされる和紙の地図の閲覧はできる。見ると、確かに「石延村飛地」の表記がある。飛び地発生原因の究明には、和紙公図が作られた明治から、さらに時代をさかのぼる必要がありそうだ。

■謎解きの始まり

 

吉岡小校区が飛び地だらけの理由を説明する串部さん

 飛び地の謎に迫るため、郷土史に詳しい人物を探し回り、出会ったのが、串部浩さん(89)=同市上市=だ。吉岡公民館の元主事で、かつて東予市史談会副会長を務めた。資料を読み込んで研究を重ね、史談会の先輩や、地域の高齢者から証言を集めてまとめた串部さんの説はこうだ・・・

    残り:2377文字/全文:3311文字

    この記事は読者会員限定です。会員登録すると続きが読めます。

    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。

    ※2022年3月からSpecial Eに「いいね」ボタンを追加しました。
    ※いいね数が増えると励みになります。
    アプリ取得

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。

    • iosアプリ
    • androidアプリ