愛媛新聞ONLINE

2021
1129日()

新聞購読
新規登録
メニュー

主演・安藤サクラさん

NHKドラマ「旅屋おかえり」 内子座でロケ

2021年11月25日(木)(愛媛新聞)

NHKの特集ドラマ「旅屋おかえり」の内子ロケに臨んだ安藤サクラさん(中)草刈民代さん(右)ヴァサイェガ渉さん(左)

NHKの特集ドラマ「旅屋おかえり」の内子ロケに臨んだ安藤サクラさん(中)草刈民代さん(右)ヴァサイェガ渉さん(左)

 原田マハさんの人気小説を原作としたNHKドラマ「旅屋おかえり」のロケが内子町であり、主演の安藤サクラさんが国の重要文化財に指定されている芝居小屋「内子座」での収録に臨んだ。安藤さんは「長い歴史の中で、いろんな役者さんが立たれた場所でお芝居ができることはありがたい」と感銘を受けた様子だった。

 

 ドラマ「旅屋おかえり」は、安藤さんが演じるタレントの丘えりか(通称・おかえり)が、依頼を受けて「旅の代行業」をする物語。全国の旅先での人や風景との出会いを通して浮かぶ人間模様をドキュメンタリータッチで描く。秋田編と愛媛・高知編の2部構成。

 

 安藤さんは13日午後、内子座に到着したシーンを撮影した。寒空の下で何度もカメラの位置を変えながら、和やかな表情で役を演じていた。

 

 内子ロケには女優の草刈民代さんとジャニーズ事務所所属タレントのヴァサイェガ渉さんも参加。紙すき職人を演じる草刈さんは「内子町は整然とした街。ここに住む人の雰囲気が伝わるように演じたい」と力を込めた。草刈さんの息子役のヴァサイェガさんは「(自身の)元気な好青年というキャラクターに注目して見てほしい」とアピールした。

 

 安藤さんは「愛媛に来たことがない人も思い入れがある人にも、魅力が届けられるドラマになっていると思う」と太鼓判を押した。

 

 ドラマは全4回。2022年1月25~28日の午後7時半~8時にNHK・BSプレミアムで放送される予定。

 

    残り:7文字/全文:602文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。