愛媛新聞ONLINE

2021
1018日()

新聞購読
新規登録
メニュー

車両軽量化で燃費の向上期待

大王製紙、CNFを観光バスのバンパーに実装

2021年10月13日(水)(愛媛新聞)

大王製紙のCNF部材を使ったフロントバンパー(同社提供)

大王製紙のCNF部材を使ったフロントバンパー(同社提供)

 大王製紙(四国中央市)は13日、セルロースナノファイバー(CNF)を使ったフロントバンパーを道後プリンスホテル(松山市)グループの観光バスに実装したと発表した。車両の軽量化に伴う燃費向上などが期待され、大王は今後、バスへの導入を足掛かりに一般車両への展開も進めていく方針だ。

 

 CNFは植物由来の微細な繊維で、軽量で強度が高いのが特長。大王は事業化に向けて2018年からレース車両にCNF部材を提供し、軽量化や耐久面の研究を進めてきた。

 

 鉄製バンパー(5キロ)からCNFバンパー(2・9キロ)に置き換えることで42%の軽量化に成功し、より変形しにくくなるなど、品質も向上させた。

 

 

 

    残り:289文字/全文:575文字

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。