愛媛新聞ONLINE

2021
1018日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新型コロナ新たに7人

県、イベント開催制限を緩和 収容人数の上限撤廃

2021年10月13日(水)(愛媛新聞)

 

 県は13日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。松山市の音楽イベントクラスター(感染者集団)など既存事例の関連が5人で、新規事例は2人(居住地・今治市、松山市)。県内の感染確認は計5287人となり、重症者は現在1人。県は13日からイベント開催時の制限を法要請から協力依頼に切り替え、1万人の上限を撤廃するとした。

 

 県によると、イベントの制限は「まん延防止等重点措置」解除後1カ月の経過措置として国の基本的対処方針に示されている。県内で大規模な催しによる感染拡大もないことから、県は1カ月経過後の13日から人数上限を「5千人または収容定員50%以内のいずれか大きい方」に緩和。大声での歓声などの有無で異なる収容率や業種別ガイドラインの順守徹底は継続して呼び掛ける。

 

 13日発表の新たな感染者は新居浜市3人、松山市2人、今治市と愛南町が各1人。学生1人と教職員1人は別の所属で、それぞれ校内での広がりを調査しているとした。

 

    残り:179文字/全文:594文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。