愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新聞づくり体験学習講座

三島東中学校(四国中央市)2年 「職場体験新聞づくり」講座

2021年10月8日(金)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

 三島東中学校(四国中央市)2年生3クラス106人を対象に「職場体験新聞づくり」講座を10月8日、同校で開き、新聞づくりを通じて伝えたいことを効果的にまとめる手法を解説しました。今回初めて、手書きではなく、各自のタブレットを使って横書きの新聞をつくる方法も紹介しました。午後に3クラス合同で2コマ(1コマ45分)実施しました。

 

 2年生は1学期に市内外で行った職場体験の成果を、タブレット端末を使ってGoogleスライドで新聞にまとめます。

 

 講座では、新聞づくりの基本を説明、横書きのサンプル紙面を示して自分が作る新聞のイメージを持ってもらいました。新聞をつくるうえでのメニューは手書きと全く変わりません。まず、自分が記事に書く二つの事柄を整理。一つ目が「小学校での体験」、二つ目は「教師の仕事」などと短い言葉にまとめました。

 

 記事の書き方については、リード(最初の段落)に大事な5W1Hを書き込み、記事全体の概要を説明しておくことを頭に入れてもらいました。そのうえで、生徒は自分がつくる新聞のリードを仕上げました。リードに続く記事を書く際の注意点として、介護施設体験のサンプル記事を読み解いて、重要なことから順番に書く逆三角形の文章スタイルや、事実をそのまま書く客観的文章と自分の思いなどを交える主観的文章との違いを学びました。

 

 見出しの役割や付け方も、分かりやすく説明。見出しは中身が分かるようにすることが大事で、「〇〇について」などの表題は「だめだ」と強調しました。サンプル記事を参考に、生徒は見出しを考え、8~10文字に要約したり、言葉を言い換えたりする工夫の大切さを実感しました。

 

 最後にGoogleスライドで新聞を作成するために、レイアウトの基本や操作法を説明しました。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。